「聴く耳」を育てる声とは? 耳からアプローチする『耳と声の講座』(10月18日)【定員に達しましたので、受付を終了しました。次回は11月14日です】終了

このイベントは終了しました

 気になるリストに追加
1人が気になるリストに追加
「聴く耳」を育てる声とは? 耳からアプローチする『耳と声の講座』(10月18日)【定員に達しましたので、受付を終了しました。次回は11月14日です】

「聴く耳」を育てる声とは? 耳からアプローチする『耳と声の講座』(10月18日)【定員に達しましたので、受付を終了しました。次回は11月14日です】の概要

開催日時 15:00
定員12名
会費1000円
場所 東京都墨田区両国4-30-1 両国4丁目ビル3F

大人の声も、子供の耳を育てる大切な“音環境”。
コミュニケーションにおいて大切なことは、『聴く耳』を持ってもらうことです。

その鍵を握るのは、内容以上にその情報を運ぶ『声』そのものにあります。
相手に伝わりやすい声は、決して大きな声ではありません。

『声』をリードしているのが、実は『耳』です。
声は“出し方”ではなく、“聴き方”で変わります。

より相手がメッセージを受け取りやすい声、心地良い声等について、「耳がしてくれていること」からアプローチします。

― 主な内容 ―
■ 耳は小さな巨人!耳の大いなる働きを知る。
■ 耳と体と声の関係を知る。
■ 相手の心に届く声、届きにくい声とは。
■ 骨伝導とは?
■ 大きな声より、エネルギーチャージできる声で。
■ 空間把握とコミュニケーション。
■ 自分の声を「聴く」ことで、声は変わる。
■ 自分の声の「聴き方」。
■ 実際に声を出してみよう。
■ コエはエコ(echo&eco)で!

会場:トマティスリスニングセンター東京
お話:森田 理恵(トマティス聴覚コンサルタント)

*当講座は、基本的に毎月開催しております。
 

*****参加された方のご感想*****

・実際にやっていただいて、違いがよくわかりました。発音やお腹を使っての発声等は聞いたことがありましたが、こういう「聴く」という作業は初めてで、新鮮でした。教えていただいたことを日常でも意識してみたいと思います。

・あまり意識していませんでしたが、生徒を叱る際、声の出し方が耳触りな出し方をしていると自覚できました。アプローチを変えてみようと思います。

・骨導ハミングの音を聴いてびっくりしました。話している時に、エネルギーをかけすぎて、身体かたくなってしまうのですが、エコで話せば痛みが軽減されるのかもしれないと思いました。
・今まで、何気なく話したり聞いていた日常から、どこに注意して「耳」を「声」に向き合っていったらいいか、少しわかり、勉強になりました。

・参加者の声の違いを実際に聴いて驚きました。赤ちゃんに話しかける時の発声を説明する時にも参考にさせていただきます。

・声が伝わりやすい、伝わりにくい、とか、心地良い、不快だ、といった違いが生まれる要因がハッキリしたように思いました。自分が話しているときに自分の声を聴くということには意識をほとんど向けていなかったので、意識を向けてみようと思います。

・新しい発見だらけの楽しい時間でした。体(耳)は小宇宙ですね。今日教えていただいたことを今後の日常生活にどんどん取り入れていきます。変化していく自分自身を楽しみます。

・とてもわかりやすかったです。空間把握は普段の生活でもスポーツでも大切であり、それを耳と声でつくりだしていることに感銘しました。子供にもここちよい、響きのある声でかたりかける大人になりたいです。

<About us>
フランスの耳鼻科医アルフレッドトマティス博士が開発した
耳と声のトレーニング”トマティスメソッド“を実施しています。
当メソッドは、ルクセンブルグ(http://www.tomatis.com)
に本部を置き、世界約40カ国で実施されています。
HP: http://www.npo-tomatis-ryogoku.com
tel: 03-6240-2033

<ご提供プログラム>
聴覚過敏をはじめとした聴覚ケア/発達しょうがいの耳からのサポート/語学・音楽のための耳づくり、発声のトレーニング等。

 気になるリストに追加
1人が気になるリストに追加
SENSEI NOTE

その他東京都のコミュニケーションのセミナー・研究会・勉強会

コミュニケーションのセミナー・研究会・勉強会を別の地域から探す

東京都のセミナー・研究会・勉強会を人気のワードから探す