【解決済み】メール送信機能に不具合が発生していました 2018/05/31~06/08

算数教科書教え方セミナー ~子どもがつまづきやすい数量関係の単元を攻略する!!~終了

このイベントは終了しました

 気になるリストに追加
4人が気になるリストに追加
算数教科書教え方セミナー ~子どもがつまづきやすい数量関係の単元を攻略する!!~

算数教科書教え方セミナー ~子どもがつまづきやすい数量関係の単元を攻略する!!~の概要

開催日時 12:30 〜 14:00
定員60名
場所 愛知県名古屋市中村区鳥居通3丁目1−3 視聴覚室

http://www1.clovernet.ne.jp/dinfstsk/5-7pm/sansuu.html

算数は、できる、でいないがはっきりしている教科です。
算数ができるようになるには、教科書をリズムとテンポよく、教科書通り教えることが大切です。
どのように授業を進めればよいのか、そのポイントを学び、子どもが「できた!」「楽しい!」と思える授業をしましょう!
今回は、「子どもがつまづきやすい数量関係」がテーマです。

【講座内容】
第一講座
安定した算数の授業パーツ・教材教具はこれだ
①百玉そろばん
数の概念を教えるのにもってこいの教材です。低学年の算数授業には、欠かせません。百玉そろばんの使い方を紹介します。
②フラッシュカード
どの学年でも工夫次第で使うことができます。しかも、子どもが集中し、学習内容を身につけていきます。ぜひ、教室で実践してください。
③すぐに授業モードに突入する導入パーツ
授業の導入は、一気に子どもたちを休み時間から授業へと切り替えていくことが大切です。授業の導入でどのようなことをすればよいのか、紹介します。
④授業参観でもおススメ!難問の授業
難問とは、できそうでできない問題のことです。難問をすると、子どもたちは、熱中します。家で、家族をまきこんでやってくる子供もいます。難問のおもしろさを体感してください。

第二講座
学年別教科書の教え方①
子どもに必ず身につけさせたい単元の指導法
文章を読んで、演算決定をする。図を描いて、答えを求める。このような数量関係の単元は、算数が苦手な子はもちろん、得意な子でもつまづくことがあります。この難しい数量関係の授業を模擬授業形式で紹介します。模擬授業形式だからこそ分かる授業の進め方を体感してください。
⑤低学年
⑥中学年
⑦高学年

第三講座
学年別教科書の教え方②
子どもがつまずきやすい難単元の指導法
数量関係の中でも特に難関な式と計算の順序、単位量あたりの大きさ、比の利用などの指導法を紹介します。どこが授業のポイントか学び、難単元を攻略しましょう!
⑧式と計算の順序
⑨単位量あたりの大きさ
⑩比とその利用
⑩QA
※講座内容は、変更になることがございます。
 あらかじめご了承ください。

【申し込み方法】
以下のHPからお申し込みください。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/47ba60e3279751

【過去のの参加者の感想】
○ 様々なやり方があり、すごく参考になりました。授業を楽しくするために、工夫できることはたくさんあると感じました。映像を見ていると、子どもたちが楽しく学ぶ様子がすごく伝わりました。百玉そろばんは、初めてみたので、すごく新鮮でした。

○ 百玉そろばん、フラッシュカードをテンポよく始め、授業にひきこむんでいくのが勉強になりました。先生方が、とても手馴れていて、子どもたちは、自然に算数の授業に集中していくと思いました。フラッシュカードを授業でやってみたいです。

○ 低学年から高学年までの計算の模擬授業を見せて頂いて、勉強になりました。

○ 計算の仕方をシンプルに何度も口で唱えることで、より頭に計算が定着できると思いました。ありがとうございました。

○ 百玉そろばんは、とってもたのしかったです。初めて体験し、先生のテンポ、リズムのよい使い方にうっとりしました。

○ 百玉そろばん、九九尺、ペーパーチャレラン、難問など、良いと言われているものは、全て揃えました。実際にどのように使うのか分からずにいました。今日、そのことが分かってよかったです。

 気になるリストに追加
4人が気になるリストに追加
SENSEI NOTE

その他愛知県の算数のセミナー・研究会・勉強会

関連する人気のセミナー・研究会・勉強会

算数のセミナー・研究会・勉強会を別の地域から探す

愛知県のセミナー・研究会・勉強会を人気のワードから探す