これからの理科実験(Science Seek)ワークショップ終了

このイベントは終了しました

 気になるリストに追加
2人が気になるリストに追加
これからの理科実験(Science Seek)ワークショップ

これからの理科実験(Science Seek)ワークショップの概要

開催日時 13:30 〜 16:30
定員30名
会費(教員料金)3,000円
場所 千葉県千葉市稲毛区弥生町1-33 千葉大学教育学部附属中学校 第一理科教室

http://www.rika.com/archives/24791(詳しくはこちらのサイトをご覧ください)

【ワークショップ】※内容が変更になる場合があります

テーマ1:レゴブロックでコミュニケーション
 普段、どの程度思ったことをきちんと伝えられていますか?対話的な学びではコミュニケーションが必須で、「人に伝える」ということは学ぶ上で重要なことです。なぜ伝え方が大事なのか、どのように伝えたら伝わるのか、伝え方にポイントを絞った簡単なワークを行います。

テーマ2:ブラックボックスで科学の本質に迫る
 ブラックボックスを使い、主体的な学びを体験します。教師も生徒も、そして生徒の学力に差があっても、誰もが思わず調べたくなる、話し合いたくなる・・・と、やめられなくなるアクティビティです。科学を学ぶとはどういう事なのか、実感することができます。

テーマ3:フルーツヴェール物語~地下水から考える社会問題~
 仮想の村(フルーツヴェール)の地下水が何らかの原因で汚染されて、飲み水として不適格になりました。ところで、地下にしみ込んだ水は、どのように流れていくのでしょう?現在の小・中学校の学習指導要領ではふれていない「地下水」をテーマにして、問題解決的な課題に取り組みます。

【講師】
重井ゆき:株式会社ナリカ
小﨑康宏:昭和女子大学附属昭和中学校・昭和高等学校
藤澤隆次:千葉大学教育学部附属中学校

【参加費】
教諭:3,000円
学生:1,500円(学生証の提示をお願いします)

【申し込み方法】
上記URLより申込書をダウンロードし、FAXまたはEmailでお申し込みください。
受付票を発行いたします。

主催:日本SEPUP研究会
後援:株式会社ナリカ
----------------------------------------------------------------------------------
SEPUP(シープアップ)とは
SEPUPは、米国カルフォルニア大学バークレー校で開発された科学教育プログラムです。日常生活を送る上で不可欠な化学物質に対する理解を深め、社会問題の中でどのように使われていくべきかを説く教育プログラムになっています。
日常生活の問題をテーマに、総合的な学習の時間や選択理科の授業時間などで、
科学的な考える力を育成してきます。
日本では、日本SEPUP研究会が研究と普及活動を行っています。

 気になるリストに追加
2人が気になるリストに追加
SENSEI NOTE

その他千葉県の科学のセミナー・研究会・勉強会

関連する人気のセミナー・研究会・勉強会

科学のセミナー・研究会・勉強会を別の地域から探す

千葉県のセミナー・研究会・勉強会を人気のワードから探す