外国語必修化もこれで大丈夫!!大分にTOSS型英会話を代表する講師「井戸砂織先生と加藤心先生」と特別支援教育のスペシャリスト「小野隆行先生」がやってくる!!しかも、文科省受託事業のため、資料代無料、定員150名!!!平成30年度 TOSS・文部科学省受託事業 第2回小学校外国語科研修会~大分会場~

外国語必修化もこれで大丈夫!!大分にTOSS型英会話を代表する講師「井戸砂織先生と加藤心先生」と特別支援教育のスペシャリスト「小野隆行先生」がやってくる!!しかも、文科省受託事業のため、資料代無料、定員150名!!!平成30年度 TOSS・文部科学省受託事業 第2回小学校外国語科研修会~大分会場~の概要

開催日時 10:30 〜 14:30
定員150名
会費無料円
場所 大分県大分県教育会館 大分市下郡496-38

講師
井戸砂織(愛知県 公立小学校教諭)
小野隆行(岡山県 公立小学校教諭)
加藤心(北海道 公立中学校教諭)

講座内容(予定)
第1講座 模擬授業と解説「5年生のカリキュラム・授業の開発と成果」
第2講座 模擬授業と解説「6年生のカリキュラム・授業の開発と成果」
第3講座 授業の基本「実技指導体験」
第4講座 特別支援の視点から見た子どもが英語を話せるようになるための指導法の工夫
第5講座 子どもが楽しく英語を話せるようになる教室実践の具体例
第6講座 移行期、そして2020年。子どもが英語を話せるようになる指導法
第7講座 英会話授業 QA講座

昨年度 セミナー参加者の声
〇テンポがとてもよく気持ちよかったです。今、自閉症、情緒学級を持っていますが学級の子どもたちに有効だと思いました。

〇井戸先生のスピーディな授業、引き込まれました。日本語でゲームの説明をしたり、Hi friennds.2の流れ通りで授業したり、今までテンポの悪い、子どもたちにとって楽しくない授業をしてしまっていたなあと自分の授業を振り返りました。今日学んだことを生かして、ぜひ授業を改善していこうと思います。

〇びっくりしました。どうしようかと思っていました。来年度から3年、4年英語活動が始まります。今日は、たった数時間でしたが、やれそうな気分になりました。勉強されているのですね。6ヶ月1000時間オンライン英会話。すぐに英語がでてくるようになるまで学ばねばならないですね。たいへん元気になりました。
来年1・2年生担任希望が増えそうです。5・6年担任経験なしなので、英語は初めてです。

〇5年生担任になり、英語が好きだったもののどう教えていくのか不安でした。今日も井戸先生の授業に参加することに対して自分がついていけるのか?と思っていました。とてもわかりやすく英語のシステムまた、子どもたちの動かし方など一つひとつのことがとても参考になりました。本当に本当に良かったです。また来ます。〇〇先生積極的に誘ってくださってありがとうございました。

〇すごいたくさんの英語の情報を井戸先生から教えていただきました。どのように45分の授業をするか実際に授業をして見せていただいたのが、とても勉強になりました。あまりにたくさんの情報の海に、今おぼれそうです。でも何度も話すところがあったので、英語を話すことへのハードルが低くなりました。私もちょっとは喋れるんじゃないかな。授業ができるんじゃないかなとおもうことができるセミナーでした。前向きに挑戦する気持ちになりました。

〇井戸先生に元気をいただきたくて参加しました。ずっと英語が苦手でほとんどしゃべれません。でも、これからは、「英語が話せないといけない」と言われているので危機感があります。
今日は、三構成法というのを学んで、これからの授業で使えるなと感じました。また、実技でも前に出てフラッシュカードをするという体験ができてよかったです。井戸先生にコメントをいただけてとてもよかったです。
どうしたら評価できるか、子どもたちは楽しくできますが、子どもの何を見て評価していくのか知りたいです。

〇子どもを巻き込むリズムとテンポ、表情、ほめ方活動内に動く必然性を与えることコンテンツの緩急とタイミング。子どもをわくわくさせるような単語や状況設定の仕組み方バリエーション。たくさんのヒントをいただきました。また、前に立つ機会をいただき、井戸先生から、直接コメントをいただけたことで元気とやる気をいただきました。今後の授業に活かします。

〇1分間の授業の内容が年間指導計画のどこに位置づくのか考えるのがとても面白かったです。井戸先生が、have、like を出されたとことが分かりました。このような作業が大切だと思いました。
ずーっと話し続ける子ども達の姿すごいです。次々にダイアローグが浮かんでいると思います。自分の知っている文で会話がつづくということは自信につながると思いました。台風をふきとばす井戸先生本当にすごいです。

〇 15分のモジュールをどこでうみだすかがポイントだなと思いました。現任校で朝の総合の時間等を使って生み出すことを試みたいです。
井戸先生は、子どもたちをやる気にさせる仕掛けをたくさんもっていらっしゃると思いました。リレーゲーム、3人と会話して戻ってくるなど、教室であしたから実践できるものばかりでした。

〇文科省のカリキュラムについて解説がありました。いつも読んでどんな授業をするとよいのか考えることの必要性を学びました。1分間模擬授業の指導案を見てカリキュラムのどの部分を授業しているのか探しました。カリキュラムと見比べていくことの大切さを知りました。
ソーシャルスキルを教えるという解説がありました。子ども相手の授業でも立ち方を教えてみえました。授業をやりながら動きがよくなる。しかも自然にそうなるようにされていてすごいと思いました。井戸先生の子ども相手の授業を受けて、I like 〇〇.  I don't like 〇〇. と言う場合がありました。何を言ってもほめて下さるので、「don't」という苦手なものがあってもいいんだという気持ちになりました。

〇「三構成法」を詳しく解説してくださり、とてもわかりやすかったです。かみ砕いてくださると頭に入っていきます。井戸学級の子どもたちは、行き来と始める飛ぶように英語を話していました。「つなげる」という大切さやそのためのロジックを知ることができて勉強になりました。また、井戸先生の資料がものすごいです!ずっしりと重みがあり、外国語活動の年間計画を持ち歩いて授業のイメージを膨らませたいです。最先端をいくセミナーでとても勉強になりました新鮮な気持ちで講座を受けることができました。

〇今日は、特に新しいことに気づくことができました!
わくわく復習シートを実際に使った子ども相手の授業、どんなふうにやるのかしっかりイメージできました。また、シールの使い方も勉強になりました。
リレーゲームの仕方も原則があり、小⇒大の組み立て、特に例の指導を見ることができてよかったです。
コンテンツを使ったときにどこで発話させるのか、どこでリピートさせるのか、とても勉強になりました。

SENSEI NOTE

その他大分県の英語のセミナー・研究会・勉強会

大分県近隣の人気のセミナー・研究会・勉強会

英語のセミナー・研究会・勉強会を別の地域から探す

大分県のセミナー・研究会・勉強会を人気のワードから探す