終了

【週末にお家で受講】世読み書きのメカニズムと評価の視点 水田めくみ先生(大阪医科薬科大学LDセンター):大阪医科薬科大学LDセンター主催オンライン特別支援講演会

開催日時 17:00 22:00
会費3,000円
場所 オンライン大阪医科薬科大学LDセンター 

このイベントは終了しました

 気になるリストに追加
2人が気になるリストに追加

大阪医科薬科大学LDセンター主催 オンライン講演会

申込・詳細はこちら
https://www.osaka-med.ac.jp/deps/ldc/lecture_info.html

内容
講義50分×3本

対象
発達障害のある子どもの支援に関わる指導者、保護者など

配信期間
2021年8月13日(金)午後5時 ~ 8月16日(月)午後10時

申込み締め切り
2021年8月12日(木)午後1時

講演会概要
 文字を学習するときには、音と文字のしっかりとした結びつきが必要ですが、その結びつきがあやふやだったり、音を聞き分けたり、文字の形を理解して覚えたりすることがスムーズにできない子どもがいます。大人はひらがなの読み書きは自然に覚えた、だからできて当たり前、と思ってしまいがちですが、その読み書きでつまずいている子どもは少なくはありません。3年生以上になると学習する漢字も大幅に増えて、漢字の習得に困難を示す子どもも多くなります。

学校の学習では、読む力、書く力が欠かせません。文字の読み書きに手間取っていると、学年が進めば進むほど、国語だけではなく、ほかの教科への影響が大きくなっていきます。子どもたちの文字の読み書きについての苦手さには、できるだけ早く気付いて取り組むことが重要です。

本講演では、私たちはどのようにして読めるようになり、書けるようになるのか、まずそのメカニズムについて解説していただき、さらに読み書きの力が育っているかをどのように評価するかについて、お話しいただきます。読み書きが苦手な子ども達の指導は、やみくもに練習させればよいというわけでは決してありません。評価の結果から困難の理由を明らかにし、指導計画をたてて行います。「評価」は指導計画をたてるためにも大切な過程なのです。

本講演は、読み書きにつまずいている子どもたちへの適切な指導に役立つ内容です。

講師紹介
 水田 めくみ 先生(大阪医科薬科大学LDセンター 言語聴覚士)
大阪医科薬科大学LDセンターで発達障害児の言語・コミュニケーション・学習指導を担当。 言語聴覚士、特別支援教育士SV、公認心理師。分担執筆:奥村智人・若宮英司編著「学習につまずく子どもの見る力」明治図書(2011)、玉井浩監修若宮英司編集「子どもの学びと向き合う 医療スタッフのための LD診療・支援入門」「ダウン症児の学びとコミュニケーション支援ガイド」いずれも診断と治療社(2016)、湯澤正通編著「知的発達の理論と支援」金子書房(2018)「実践障害児教育」2013 年 9 月号「書きのつまずきへの指導」を掲載。

 気になるリストに追加
2人が気になるリストに追加

イベントを探す

関連する人気のセミナー・研究会・勉強会

3/123/12(土) 子どもの救命救急法 国際資格 EFR-CFC 取得講座
1/29【神奈川LD協会 オンライン講座】通級・特別支援学級の現場から学ぶシリーズ 発達凸凹のある子どもの強みを活かす支援-あんドーナツ支援 と のりしろ連携-
5/22TOSS SMILE春の教え方セミナー 特別支援にはコツがある ちょっとした対応で教師も子どもも過ごしやすくなる特別支援講座
2/122/12(土) 子どもの救命救急法 国際資格 EFR-CFC 取得講座
12/10【週末にお家で受講】 漢字の読み書きにつまずく子どもへの指導 村井敏宏先生(学校法人青丹学園フラーテルL.C.):大阪医科薬科大学LDセンター主催オンライン特別支援講演会

LDのセミナー・研究会・勉強会を別の地域から探す

SENSEI ノート