運営会社のISO27001(ISMS)認証取得のお知らせ
終了

【週末にお家で受講】 LDとディスレクシアはどう違う? 若宮英司先生(藍野大学医療保健学部):大阪医科薬科大学LDセンター主催オンライン特別支援講演会

開催日時 17:00 22:00
会費2,000円
場所 オンライン大阪医科薬科大学LDセンター オンライン

このイベントは終了しました

 気になるリストに追加
2人が気になるリストに追加

大阪医科薬科大学LDセンター主催 オンライン講演会

申込・詳細はこちら
https://www.osaka-med.ac.jp/deps/ldc/lecture_info.html

内容
講義50分×2本

対象
発達障害のある子どもの支援に関わる指導者、教員、専門家

配信期間
2021年12月10日(金)午後5時 ~ 12月13日(月)午後10時

申込み締め切り
2021年12月9日(木)午後1時

講演会概要
 皆さんは、文部科学省の学習障害の定義を言えますか?また、医師が診断する学習症の定義と文部科学省の学習障害の定義との違いを説明できますか?  「え? ・・・・改めて言われるとどうだったかな・・・」という方も、どうぞご安心ください。この講演では、わかっているようでまだ曖昧な理解だった基本知識を、特に読み書きのつまずきに重心をおいて解説していただきます。
 講師の若宮先生は、長年、学習症の研究をされてきました。ご著書も下記に紹介しているように多数書かれています。文字が読めれば学習障害ではないというわけではありません。文をすらすらと読めないと内容理解には到達できないことや、文の中には漢字も含まれていることを考えると、読み書きのつまずきの有無の判断については、適切な評価に基づいて行われるべきでしょう。また、注意の問題によっておこる学習の問題、自閉スペクトラム障害のために起こる学習のつまずきもあり、読み書きにつまずく限局性学習症と、どのように異なるのかについても理解がないと、適切な指導はできません。
 若宮先生には、医学的定義の変遷、ディスレクシアと判断するための評価も含めてご紹介いただきます。この機会に学習症に関する用語の整理をし、適切な支援と配慮につながるよう学びましょう。

講師紹介
 若宮英司 先生(藍野大学医療保健学部特任教授・大阪医科薬科大学LDセンター)
平成19年にスタートした精神・神経疾患研究委託費による「神経学的基盤に基づく異的発達障害の診断・治療ガイドライン策定に関する研究班」のお一人です。「特異的発達障害 診断・治療のための実践ガイドライン」(診断と治療社)の編集は、この特異的発達障害の臨床診断と治療指針作成に関する研究チームによります。 この中にある算数障害に関する章は若宮先生が書いておられます。主な著書:編著「特異的発達障害 診断・治療のための実践ガイドライン」診断と治療社(2010)、編著「学習につまずく子どもの見る力」明治図書(2011)、「子どもの学びと向き合う 医療スタッフのためのLD診療・支援入門」診断と治療社(2016)他多数。医学博士、小児神経科医、特別支援教育士SV。

 気になるリストに追加
2人が気になるリストに追加

イベントを探す

関連する人気のセミナー・研究会・勉強会

2/5今の学びが4月に活きる! 授業の方法、レクチャーします! 授業バッチリ!子どももバッチリ!教師もバッチリ! 授業力アップアップセミナー #学生 #教職 #教師 #教員 #授業 #小学校 #中学校 #高校 #教育実習 #高等学校 #大学 #授業 #20代
6/18第32回TOSS特別支援教育セミナー東京ハイブリッド会場
2/11【神奈川LD協会 オンライン講座】通級・特別支援学級の現場から学ぶシリーズ 教具の力 再考 -「これがあればできる!」が支えるもの-
2/4【週末にお家で受講 学習に導入するICTについて理解しよう 竹下 盛 先生(大阪医科薬科大学LDセンター):大阪医科薬科大学LDセンター主催オンライン特別支援講演会
2/5第2回 集団の中での発達障がいの子への対応力向上セミナー

LDのセミナー・研究会・勉強会を別の地域から探す

SENSEI ノート