外国語教員対象「学習を促進する評価のデザイン」ワークショップ終了

外国語教員対象「学習を促進する評価のデザイン」ワークショップの概要

開催日時 13:00
定員60名
会費1000円
場所 北海道札幌市東区北16条東9丁目1番1号 札幌大谷大学中央棟4階響流ホール
主催(公財)国際文化フォーラム、実用英語教育学会(SPELT)、国際教育活動ネットワークREX-NET

それぞれ異なる現場で役立てていただける実践的なワークショップをめざしています。ぜひご参加ください。

講師:當作靖彦(とうさく やすひこ) カリフォルニア大学サンディエゴ校教授/第二言語習得理論、外国語教授法

対象:小・中・高校・大学の外国語の先生方

ワークショップ概要:
教育における評価は90年代に大きく変化し、以前の「成績をつける、学生を振り分ける」から「学習者を助ける、学習を促進する」に主要目的が変化しました。
この変化の中で、学生が身につけた知識を実社会で使えるかどうかを調べるための、学生が自分で答を作り出す学習者中心のパーフォマンス評価が多用されるようになりました。また、学習の結果を評価する統括的評価よりも学習の過程を評価する形成的評価が重要と考えられるようになりました。この結果、クラスでの活動と評価がより密接に結びつき、学習活動にも変化が見られるようになりました。
このワークショップでは、言語教育において、どのように効果的なパーフォマンス評価をデザインし、どのように学習者に評価のフィードバックを与え、学習を促進するかを考えます。テストの実例を検討したり、実際に自分のクラス活動の評価活動を作りながら、自分のクラス活動の目標は何なのか、その目標達成を調べる評価ツール、評価方法はどんなものか、評価とクラス活動をどのように結びつけ、学習効果を上げるかを考えます。

【詳細・お申し込み】
http://goo.gl/x4eJMs

SENSEI NOTE

その他北海道のワークショップのセミナー・研究会・勉強会

ワークショップのセミナー・研究会・勉強会を別の地域から探す

北海道のセミナー・研究会・勉強会を人気のワードから探す