コンパス浜松2017第9回報告

2017.6.11(日)10:00~12:00

1.自己紹介

2.「保護者トラブル対策」

 §1.どうして保護者と教職員はトラブるのか
  (1)メディアの影響
  (2)親もつらい
  (3)学校の側の問題
 §2.保護者は子どもに一番近い大人
  (1)多くの情報を子どもと共有している
  (2)家庭内だけで見ていると気づかないこと
  (3)親は経済的に子どもを支配している
§3.大きなチームの一員として考える
  (1)「モンスター」と切り捨てない。
  (2)言いたいことは別にある
  (3)言い分をすべて聞く
  (4)聞いた上で、できることとできないこと・できないことを可能にする条件を示す
  (5)安易に即答しない
  (6)関係者と話し合う

3.面接練習
 →2問×1ラウンド

 →参加者全員からアドバイス

 →話し言葉であることに注意。
 →具体的なエピソードを出したい。
 →ケンカに割って入るのは体罰ではない。
 →「教育実習が充実」「子どもの成長」「つつみこむような指導」などは具体例・エピソードを出したい。
 →面接官は数をこなしているので、一般的な回答では印象に残らない。
 →入り口で「こんにちは」の挨拶があると好印象か。

4.感想

・1人2問ずつでも、6人で12問聞き、考える機会は貴重でした。ありがとうございました。
・今回も実際に面接練習をさせていただいて、その場でアドバイスをいただけたのでとても参考になりました。他の方への質問も、自分ならどう答えるかなどと復習をして、準備を進めたいです。
ありがとうございました。
・だんだん難しい、答えにくい問いが聞かれて、正直困ったなと感じました。本番まであと1ヶ月なので、定番はもちろん、具体的にどうしたらよいか、再度考えていきたいです。
・前回の面接で指摘されたところを直して、今回の面談に挑みました。また、直していきたいです。
・「こんにちは!」を面接でも入れたいと思います。
・次回レベルアップをはかります。よろしくお願いします。時間通りの開始でお願いします。

※次回は6/25(日)10:00~12:00です。最終回ですので、本番面接と同じ服装でお越しください。

投稿: 静岡県西部教職員組合 (西部教組)