【ワンコインセミナー】超絶アイスブレーク講座〜2時間で誰もが親友になる方法〜

【ワンコインセミナー】超絶アイスブレーク講座〜2時間で誰もが親友になる方法〜

【ワンコインセミナー】超絶アイスブレーク講座〜2時間で誰もが親友になる方法〜の概要

開催日時 18:00 〜 20:00
定員50名
会費500円
懇親会の定員30名
懇親会の会費1500円
場所 東京都港区西麻布3-2-13 妙善寺

脱引きこもり体質!大人も子どももすぐに仲良くなれる魔法のワークショップです。

アイスブレークのゲームを取り入れたい教員やビジネスマンの方、ファシリテーションの技術を学びたい方などにオススメです。

大人の方でもコミュニケーションに悩んでいる人はたくさんいて、引きこもり体質だという方も少なくありません。
そんな方でも、ワークを2時間やった後は、そのメンバーと超絶仲良くなれるようなコンテンツを、日本即興コメディ協会代表 矢島ノブ雄が紹介します。

講師(矢島)は、大学院時代に「ユーモア・スキル」(人を笑わせるために必要な能力)研究を進め、2017年には「イラスト版子どものユーモア・スキル」(合同出版)を出版。多くの学校や企業で講座・ワークショップ・研修(教職員・ビジネスマン対象)を行っています。

【ユーモア・スキル×マインドフルネス】

マインドフルネスとは、自身の身体や気持ちの状態を自覚し、気づきや学びを得るだけでなく、自身の過ごし方や生き方を明確にします。近年では、ストレスマネジメントやアンガーマネジメントなど、様々な自己啓発に用いられています。

このマインドフルネスは、禅の精神に基づく瞑想によってその境地を得やすいと言われていますが、当セミナーでは、それを「笑い」というツールによって、より能動的に、より楽しく行います。

なぜ笑いによって「マインドフルネス」に至ることができるのか。それは、人を笑わせる、または楽しませる能力(ユーモア・スキル)の中にこそ、マインドフルネスに重要な資質が隠されているからです。

ユーモア・スキル研究では、講師(矢島ノブ雄)によって主に4つの領域がると考えられています。第1は表現力、第2に創造的思考力、第3にコーピング力、第4に論理構成力です。

中でも、笑いを生み出すために視点や発想を転換させる「創造的思考力」、パフォーマンスを最大限に発揮するために緊張や不安の状態に対処する「コーピング力」は、今に集中することで気づきを得ようというマインドフルネスの哲学に直結する、きわめて重要な能力です。

当セミナーでは、いまだかつてない「アクティブな禅(瞑想)」を体験し、笑いの新たな価値や可能性を発見できます。時間が経つのを忘れてしまうほど楽しいコミュニケーションゲームの数々と、その後に訪れる深いリフレクションが、参加者の皆様を「超絶アイスブレーク」の世界をお約束します。

≪イベント詳細≫
超絶アイスブレーク講座
〜2時間で誰もが親友になる方法〜
日程→2019年6月22日(土)
時間→18時00分開始(開場17時30分)
※セミナー終了時間は20時00分を予定
場所→妙善寺(東京都港区西麻布3-2-13/六本木駅より徒歩8分)
料金→500円(懇親会参加の場合は2,000円)
講師→矢島ノブ雄(日本即興コメディ協会 代表)

≪講師プロフィール≫
矢島ノブ雄(本名 矢島伸男)
1987年4月22日生まれ。お笑いコンビ「オシエルズ」として活動。イベントMC・講座など年間200以上のステージをこなす。修士号(教育学)を持ち、「笑いを教える」をテーマにこれまで述べ350校、33,000人の学生への講演実績を持つ。専門は教育方法学、教育社会学。人を笑わせる能力を4領域に尺度化し「ユーモア・スキル」と定義。学校だけでなく 企業研修などにも活用されている。
・出版物
書籍「イラスト版子どものユーモア・スキル」(2017年・合同出版)
英語指導者向けDVD「はじめての英語が楽しく学べるユーモア・ゲーム集~みんなで笑いをつくる、温かい授業づくり~」(2018年・ジャパンライム株式会社)
・掲載メディア
雑誌「小二教育技術」2018年1月号(小学館)
新聞「教育新聞」2018年8月22日付
テレビ「あさイチ」2018年10月25日(NHK総合)
新聞「朝日新聞」2019年3月26日付
新聞「公明新聞」2019年4月28日付
・肩書
日本即興コメディ協会 代表
日本笑い学会 関東支部運営委員
埼玉医科大学短期大学非常勤講師

SENSEI NOTE

その他東京都の大学のセミナー・研究会・勉強会

大学のセミナー・研究会・勉強会を別の地域から探す

東京都のセミナー・研究会・勉強会を人気のワードから探す