8/22オンライン開催:作品鑑賞後の新しい楽しみ方【カタリ カタラレ】Bunkamura シアターコクーン『プレイタイム』を観て、対話しよう! <アクティブラーニングや芸術鑑賞での導入相談も可能>終了

このイベントは終了しました

 気になるリストに追加
1人が気になるリストに追加
8/22オンライン開催:作品鑑賞後の新しい楽しみ方【カタリ カタラレ】Bunkamura シアターコクーン『プレイタイム』を観て、対話しよう! <アクティブラーニングや芸術鑑賞での導入相談も可能>

8/22オンライン開催:作品鑑賞後の新しい楽しみ方【カタリ カタラレ】Bunkamura シアターコクーン『プレイタイム』を観て、対話しよう! <アクティブラーニングや芸術鑑賞での導入相談も可能>の概要

開催日時 14:00 〜 16:30
定員22名
会費<イベント参加費のみ ※『プレイタイム』オンデマンド配信は別途購入の必要有> 1000 円
場所 その他オンライン開催 

━━━━━━━━
正式なお申込みはPeatixからお願いします。
https://katarikatarare-playtime.peatix.com/
━━━━━━━━

▼カタリ カタラレとは?
舞台やパフォーミングアーツの鑑賞をもとに対話の場づくりを行っている団体です。

▼プログラムの紹介
2020/7/12(日)にライブ配信された
Bunkamuraシアターコクーン『プレイタイム』のオンデマンド配信を事前にご鑑賞いただき、プログラム内では鑑賞体験をもとに対話を行います。

▼プログラムの教育的価値
観賞後の対話は、アクティブラーニングで定義されている「主体的・対話的で深い学び」を実践するプログラムです。本プログラムを通して”学び続ける力”や”主体的に考える力”を育むことにつながります。まずは先生ご自身が体験してみてください。教育現場での導入に関してのご相談も可能です。

▼開催日程
2020年8月22日(土) 14:00~16:30

▼会場
オンライン開催
※Zoomを使用します

▼イベント参加費用
1,000円
※『プレイタイム』オンデマンド配信は別途有料購入(2,500円)が必要になります。
 イベント参加費には含まれませんのでご注意ください。

▼参加条件
イベント参加までに『プレイタイム』のオンデマンド配信を観られる方
※ライブ配信やストリーミング配信を視聴の方もご参加いただけます。
 
<オンデマンド配信チケットは、こちらよりご購入ください>
イープラス「Streaming+」オンデマンド配信チケット ※配信チケットはイープラスのみの取り扱い
オンデマンド配信期間:2020年7月31日(金)19:30 ~ 9/2(水)23:00
チケット料金:2,500円(税込)
チケット販売期間:2020年7月20日(月)10:00~2020年9月2日(水)21:00
チケット取り扱い:https://eplus.jp/playtime-ondemand/
※配信チケットはイープラスのみの取り扱い
※ご利用には「e+(イープラス)」への会員登録が必要となります。(入会金・年会費は必要ありません)

<作品詳細>
***************************************
シアターコクーン ライブ配信「プレイタイム」
***************************************
【 原 作 】岸田國士「恋愛恐怖病」ほか
【構成・演出】梅田哲也
【演出・美術】杉原邦生
【 出 演 】森山未來、黒木華、北尾亘
【 演 奏 】角銅真実、秋生智之、ハラナツコ、竹内理恵、巌裕美子、千葉広樹、古川麦
【ス タ ッ フ】撮影:渡邉寿岳、衣裳:藤谷香子、音楽:角銅真実、舞台監督:南部丈、照明:田中基充、音響:武田安記、ヘアメイク:山口恵理子、劇場機構操作:渋谷ステージセンター 
【 原 案 】梅田哲也「インターンシップ」

★『プレイタイム』作品について★
劇場に響く機械音。しばらくするとそれが、舞台機構を動かす、さ まざまな機械のものだとわかる。その音に重なっていく、俳優たちの声。やがて舞台上では、恋と友情の間で揺れる男女の、スリリングなやり取りが繰り広げられ、まるで2人が見えないかのように、スタッフが本番の準備にとりかかり──。2人の微妙な距離感をセ リフで魅せる前半、男の苦悩がダンスで描かれる後半と表現の可能 性を拡張しながら、舞台の表と裏、虚構と現実、 映像と演劇の境界を泳ぎ、「演劇とは何か?」に迫る。

主催/企画・製作:Bunkamura

特集ページURL:https://www.bunkamura.co.jp/cocoon/lineup/20_playtime/#introduction
作品動画URL:https://youtu.be/M_un70d24Rk
***************************************
※プログラム内に鑑賞の時間は含まれませんので、ご注意ください。

▼プログラムの流れ
・イントロダクション
・チェックイン
・いろんな視点で作品を振り返り、話す
 (全体やグループ)
・チェックアウト

▼ファシリテーター
中尾根美沙子
-------------------
青山学院大学社会情報学部プロジェクト准教授/ワークショップデザイナー育成プログラム 事務局長/東京芸術大学非常勤講師。2008年より、ワークショップデザイナー育成プログラムの立ち上げに携わり、プロデューサーとしてカリキュラム設計、eラーニング 制作を行っているかたわら、ワークショップ、学習環境デザインの研究に携わる。著書には、「ワークショップと学び」2,3巻(共著)など。  

▼注意事項
・プログラム内で『プレイタイム』オンデマンド配信を鑑賞する時間はありません。
 事前に鑑賞のうえ、ご参加ください。
・会議室ID(配信URL)は前日までにPeatixのメッセージ機能でご案内します。
・配信のため、映像・音声の乱れが生じる場合がございます。
・通信にかかる費用については、各自でご負担ください。
・本イベントの内容は、Zoomにてレコーディングいたします。
 一部レポートや広報に活用することがある旨、予めご了承ください。

▼Zoomについて
Zoomの利用は、Windows,MacなどのPCからだけでなく、iPadやiPhone、Androidなどのスマホからも可能ですが、PCから有線もしくはWiFi環境でのアクセスを推奨いたします。

▼イベント主催
主催:鑑賞対話団体 カタリ カタラレ実行員会  協力:Bunkamura

 気になるリストに追加
1人が気になるリストに追加
SENSEI ノート

その他のワークショップのセミナー・研究会・勉強会

ワークショップのセミナー・研究会・勉強会を別の地域から探す