京都大学 鹿児島講演会「iPS細胞の現状と未来」終了

京都大学 鹿児島講演会「iPS細胞の現状と未来」

京都大学 鹿児島講演会「iPS細胞の現状と未来」の概要

開催日時 15:00 〜 17:00
定員250名(申し込み多数の場合は抽選) 名
会費0円
場所 鹿児島県鹿児島市樋之口町8-2 ホテルパレスイン鹿児島 2階孔雀

京都大学では、伝統的に蓄積してきた高度な学術および知的資源に加え、最先端の教育・研究成果等を広く社会に還元するため、全国で地域講演会を開催しています。

今回は、鹿児島県において以下の講演会を開催します。皆さまのご参加をお待ちしています。

<講 演>
講演タイトル :iPS細胞の現状と未来
講師     :長船 健二(京都大学iPS細胞研究所 教授)
講演概要   :2007年秋に京都大学の山中伸弥教授がiPS細胞を開発してからわずか7年後の2014年秋に、日本において世界初のiPS細胞を使った眼の病気の患者さんの治療研究が行われました。iPS細胞を使ってこれまで治すことができなかった病気を治せる時代が来ようとしています。
本講演会では、京都大学で生まれたiPS細胞とはどのような細胞なのか? iPS細胞を使った再生医療とはどのような治療なのか? 日本や世界でどの...

全ての閲覧・申込には会員登録が必要です

3万人の方が利用する国内最大の教員向けイベントまとめ

カンタン30秒で簡単登録
SENSEI NOTE

その他鹿児島県の大学のセミナー・研究会・勉強会

関連する人気のセミナー・研究会・勉強会

大学のセミナー・研究会・勉強会を別の地域から探す

鹿児島県のセミナー・研究会・勉強会を人気のワードから探す