【子供が自発的に論理思考になる】 まちあるきプログラミング体験学習終了

このイベントは終了しました

 気になるリストに追加
4人が気になるリストに追加
【子供が自発的に論理思考になる】 まちあるきプログラミング体験学習

【子供が自発的に論理思考になる】 まちあるきプログラミング体験学習の概要

開催日時 09:30 〜 14:00
定員15名
会費300円
懇親会の定員15名
懇親会の会費700円
場所 茨城県笠間市笠間1537 

▼───イベントの内容───▼
まちあるきプログラミング体験学習とは

実際に町を歩き、“世の中に” 存在するプログラムにふれていき、どのような仕組みで動いているのかを自分自身で発想していくゲーム的な体験学習です。

例えば、信号が変わるのは車が反対車線に停車したことや、何秒青が続いたかということを判断し、切り替えるようなプログラムが組まれています。

このように町を歩いてみるとプログラムはたくさんの場所に転がっていて、知らぬ間に皆さんも体験しているハズです。

自分で見つけ、自分で中身を紐解き、プログラミングの楽しさと町の魅力にふれる。

それがまちあるきプログラミング体験学習です。

まちあるきの前にグループを決めて行動し、まちあるき後にグループ毎での発表の場を設けます。

学習で大事なことは、身につけた知識・考えた発想を自分の中で留めずに世に放つこと。

このインプット/アウトプットを同時に行うことで、より確実に知識として身につけられます。

発表後は、カフェナナイロさんにて昼食をとります。

※パソコンは使いません

▼───体験学習によって身につくこと───▼
このイベントは子供だけでなく、大人(先生も含んでいます)にも大きな影響を与えることを目的にしています。

【子供】
・世の中の一つ一つの出来事の裏で何が起こっているのか、好奇心を持って考えるようになる
・たくさんの人と触れ合い、感情表現が豊かになる
・自然や町とふれあい、世の中を知るキッカケになる
一番身につくことは、プログラミングで一番大切な論理的な思考を自ら発想できるようになります。

【大人】(先生含む)
・親子で参加すれば絆が深まる
・プログラミングが何なのかが分かる
・どのように教えていけば良いのか分かる

ぜひ、お子さんと一緒にまちを歩き、楽しみながら学習してください。

▼───開催のキッカケ───▼
2020年に小学校でプログラミング教育が必修化されることが決まりました。

20〜50代の世代でプログラミング教育の必修化に賛成している家庭はなんと “50%超” !!

そのおかげで現在では、ロボットや、アプリケーション製作のプログラミング教室が流行っています。

しかし、プログラミング教室は問題もあります。

ロボット・アプリケーションの開発思考に特化しているため、限られた条件の中の狭い枠に捕らわれてしまいがちなのです。

本来のプログラミングは“考え”や、“発想”が先です。

プログラミング言語をパソコンに打ち込むことを “コーディング” と言います。

プログラミングで大事なことは “プログラミング言語をパソコンに打ち込めるようになることではありません” 。

どのような手順で、何がキッカケになって変化するのかという流れを考えること

これがプログラミングなのです。
プログラミングは発想や、思考を巡らせることが非常に大切なのです。

▼───スケジュール(予定)───▼
〜 9:30 カフェナナイロ集合
〜11:30 まちあるきとプログラミング体験学習(まちあるきは1時間)
〜12:30 プログラミング体験グループ発表
〜13:30 カフェナナイロで美味しい昼食
〜14:00 解散

▼───料金───▼
参加費:¥300
昼 食:¥700

昼食付きで1,000円なのでかなりオトクなイベントになっています!

プログラミング体験学習の出発前にハンバーグか、カレーのどちらかを選びます。

もし、昼食は参加できないなどの場合はご相談ください。

▼───駐車場───▼

近くの市営駐車場をご利用下さい。(無料です)

*主催者情報─────────

教員支援ネットワーク T-KNIT(https://t-knit.jp/)
代表 塩畑 貴志

電 話:090-4748-8643
メール:st@t-knit.jp

*協賛・ご協力────────
協賛:カフェナナイロ
後援:笠間市教育委員会

 気になるリストに追加
4人が気になるリストに追加
SENSEI NOTE

その他茨城県のプログラミングのセミナー・研究会・勉強会

プログラミングのセミナー・研究会・勉強会を別の地域から探す

茨城県のセミナー・研究会・勉強会を人気のワードから探す