新英語教育研究会関東ブロック集会終了

新英語教育研究会関東ブロック集会の概要

開催日時 10:00
場所 神奈川県横浜市中区桜木町1-1 横浜市社会福祉センター8階
主催新英語教育研究会

新英語教育研究会関東ブロック集会
日 時:2014年1月5日(日)10時から17時(予定)
場 所:横浜市社会福祉センター(JR桜木町徒歩2分)
    横浜市健康福祉総合センター内
内 容:
9:40 受付
10:15 開会式(大会議室8A・8B)
10:30 実践報告・ワークショップ(吉牟田)
12:00 昼食、バザール
13:00 講演(斎藤)
15:00 休憩、移動
15:15 分科会(2会場中学校:8A・8B 高校:8F)
16:45 分科会終了
現場からの報告:吉牟田 聡美(神奈川・大学)
講 演:斎藤 兆史(東京大学)
分科会:
「東京から発信する国際交流 〜ゲストハウスとの実践とフィリピン旅行〜 」チーム 若者 in 東京: 廣橋 智美(品川区八潮学園), 福島 悦子(足立区立西新井中学校), 堀 恵美子(豊島区立駒込中学校)
「心を読み解く英語リーディング」和田 玲さん(都内私立高校)
参加費:教員・一般1500円、学生500円
実践報告・ワークショップ:吉牟田聡美さん(聖学院大学)
「『実践通訳ガイド』ワークショップおよび実践報告」
 大学2年生向けの「実践通訳ガイド」という授業の内容をワークショップ形式で報告します。「どうかそこを何とか…」をどういう英語にしますか? ご飯にお箸を立ててはいけない理由をどう英語で伝えますか? 日本文化では当然のことも海外出身の人にとってはわからない。そのギャップを埋めるために、どういったことが壁になるのかを明確にし、自分の知っているやさしい英語でどう表現するか考えます。
講演:斎藤兆史(よしふみ)さん
 (東京大学大学院教育学研究科)
「英語教育の現場に自信を取り戻す」
 昭和後期以来、「使える英語」、「実践的コミュニケーションに役立つ英語」の重要性を声高に唱える政財界の圧力により、英語教育の現場は混乱し、英語教師たちは自らの教育理念と異なる授業実践を強いられることが多くなった。昨今では、高等学校学習指導要領における「授業は英語で行うことを基本とする」との方針や、TOEFL 導入を核とする教育再生実行本部の提言などにより、ますますその状況は悪化していると言えるであろう。拙話においては、現場の英語教育にできること、できないことを明確化し、教師それぞれが英語力の強化を含めた十分な自己研鑽を行っているとの前提の下に、自信を持って自分の得意技を使うことができるような授業運営を提言したい。
分科会(中学・高校)*同時間帯に行われます。当日どちらかを選んでご参加下さい。
●「東京から発信する国際交流〜ゲストハウスとの実践とフィリピン旅行〜 」チーム若者in 東京
 廣橋智美さん(品川区八潮学園)
 福島悦子さん(足立区立西新井中学校)
 堀恵美子さん(豊島区立駒込中学校)
 学校の近くのゲストハウスにpeace book を設置し、生徒たちが外国人観光客とメッセージで交流した実践を紹介します(廣橋)。また、夏にフィリピンを訪れた際の、現地の中高生との交流を紹介します(福島、堀)。東京の若手3人のコラボが実現、気軽に世界とつながる取り組みをレポートします。
●「心を読み解く英語リーディング」和田 玲さん(都内私立高校)
 近年流行している無機的な技能偏重型の指導によらず、内容重視の授業を追求することで、技能的にも教育的(人間的成長)にも高い成果を目指したいと考えています。そんな指導実例をワークショップ形式でご紹介致します。
新英語教育研究会
http://www.shin-eiken.com/
新英語教育研究会イベント
https://www.facebook.com/shineiken/events

SENSEI NOTE

その他神奈川県の英語のセミナー・研究会・勉強会

英語のセミナー・研究会・勉強会を別の地域から探す

神奈川県のセミナー・研究会・勉強会を人気のワードから探す