不登校ー長期化にはどんな意味があるのか〜急がばまわれ!「自分でいられる」時間がこころの回復を左右する終了

このイベントは終了しました

 気になるリストに追加
1人が気になるリストに追加

不登校ー長期化にはどんな意味があるのか〜急がばまわれ!「自分でいられる」時間がこころの回復を左右するの概要

開催日時 13:00 〜 17:00
定員160名
会費1000円
場所 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-25-2 SYD2階ホール

●【第1部】は「不登校ー長期化にはどんな意味があるのか」をテーマに、不登校研究の第一人者、小林正幸さん(東京学芸大学教職大学院教授)による講演を行います。聞き手は齊藤真沙美さん(東京女子体育大学・東京女子体育短期大学講師)です。

●不登校の長期化は、それを「どう防ぐか」という視点で語られがちです。しかし、不登校を一刻も早く終わらせようとばかり考えていると、かえって状況が悪化してしまうことも少なくありません。学校に行かず、勉強もせず、部屋にひきこもってゲームやネットに明け暮れる……そんな一見、非生産的な日々が、もしかしたら、その子にとって必要な時間なのかもしれない、と考えてみてください。そうした視点で、その子を見つめ直してみると、新たなかかわり方が見えてくることがあります。

●第1部では、一見、無駄・無意味に見える時間は不登校の子どもにとってどんな意味があるのか、そして、その時間のなかでどう元気を取り戻していくのか、親や教師はその時間をどう支えていけばいいのかを考えます。不登校が長引いて不安にかられたとき、「不登校の意味」「長期化の意味」という視点は大きな支えになるはずです。

●【第2部】は、Q&A「どうする? いまの学校」というテーマでこれまで当セミナーでのアンケートでお寄せいただいた、この時期に多くみられる質問や疑問に焦点を当て、4人の回答者がお答えします。「新学期をきっかけに再登校を目指したが、再び不登校になった」「中高一貫校で内部進学はできたが、1週間だけ通って、また行けなくなった」「新学期のプレッシャーなど辛いことがあったのか、連休明けから不登校になった」など、転入や編入を含めたさまざまな質問を取り上げます。
 回答者は、霜村麦さん(臨床心理士)、小栗貴弘さん(作新学院大学女子短期大学部講師)、田中雄一(登進研副代表)、第1部の聞き手を務めていただいた齊藤真沙美さんにもご協力いただきます。

●【第3部】の個別相談では、不登校に関するこころと進路の問題にカウンセラーと専門相談員が一対一でお応えします。なお、個別相談は事前にお申し込みをいただいた方のうち、先着30名様に限らせていただきますので、あらかじめご了承ください。

【お申し込み方法】
下記の事務局へ電話、ファックス、郵送、メール、またはホームページのお申し込みフォームでお申し込みください。もしくは、本サイトの下記「SENSEI PORTALで申し込みを受け付ける」ボタンをクリックしてください。

【お問い合わせ】
「登校拒否の子どもたちの進路を考える研究会(略称:登進研)」事務局
〒151-0053 東京都渋谷区代々木1-43-8
TEL.03-3370-4078 FAX.03-3370-5198
http://www.to-shin-ken.net/
eメール■info@to-shin-ken.net

 気になるリストに追加
1人が気になるリストに追加
SENSEI NOTE

その他東京都の不登校のセミナー・研究会・勉強会

不登校のセミナー・研究会・勉強会を別の地域から探す

東京都のセミナー・研究会・勉強会を人気のワードから探す