全国の「地域再生×高校キャリア教育」事例から学ぶ 「まちづくり×高校」からはじめる、地域に根ざす人づくり終了

全国の「地域再生×高校キャリア教育」事例から学ぶ 「まちづくり×高校」からはじめる、地域に根ざす人づくりの概要

開催日時 13:00
場所 新潟県新潟市中央区南長潟3-7-10 森の共育実修所 点塾
主催みらいずworks / 「地域再生×高校キャリア教育」研究会

地域の担い手不足がいろいろなところで叫ばれています。
社会に出る直前の高校生に期待はしていますが、地域への愛着や誇りが育まれないまま、県外に出てしまっている現状があります。
高校現場では、受験勉強だけでなく、自分の未来や地域の未来を考える人材を育てていく必要性は感じていますが、地域や行政との協働はまだ始まったばかりです。全国、そして新潟でも、社会にでていく子どもや若者たちをみんなで育てる、支えるきっかけにしていきたいと考えています。

■日時:2013年6月16日(日) 13:00〜16:30
■場所:点塾 (新潟市中央区南長潟3-7-10)
■参加費:3000円(みらいずworks会員は2500円) 
■定員 30名

参加申し込み承っております。是非ご参加ください!
■申し込み締め切り日 6月10日(月) ※ 以後はお問い合わせください。

≪プログラム≫
13:00 導入
13:15 全国の事例から学ぶ 「まちづくり×高校」トークリレー

    「高校生の学習意欲を『地域課題解決型キャリア教育』で引き出す」
     豊かな学びの共同デザイン研究会(岐阜県) 浦崎太郎氏

    「高校と地域の存続危機を『学校の魅力化』で救う」
     隠岐島前高校魅力化プロジェクト(島根県) 藤岡慎二氏
     
    「『高校生の農村ホームステイ』が都会と農村を結ぶ絆をつくる」
食の絆を育む会(北海道) 近江正隆氏

14:00 ゲストを囲み座談タイム
     もっと聞きたい!というゲストを囲んで双方向で情報交流をします

14:30 休憩

14:45 グループトーク
    「まちづくり×高校」で実現する、地域に根ざす人づくりを考える

4人1グループになり、グループチェンジをしながら、学校、行政、NPO、企業など参加者それぞれの視点を出し合い、話を深めていきます。「まちづくり×高校」を軸にしながら、新潟からはじめる“地域に根ざす人づくり”を考えます。

16:05 振り返り
16:30 終了

■主催:みらいずworks/「地域再生×高校キャリア教育」研究会

≪ゲスト≫
浦崎 太郎(うらさき・たろう) 1965年生まれ。岐阜県立可児高等学校教諭。
高校生の学力低下問題に対して本質の解明と抜本策の構築を模索。高い志をもって惜しみなく勉学に勤しむ生徒を育てるべく、地元自治体とのコラボによる「地域課題解決型キャリア教育」の確立や、授業のアクティブラーニング化に尽力するとともに、校外では、教育・行政・まちづくり関係者を対象とする講演や研修等を精力的に行っている。著書に『教育再生は大人の関係性回復から』(博進堂文庫29号/2005年)がある。

藤岡 慎二(ふじおか・しんじ) 1975年生まれ。慶應義塾大学院SFC政策・メディア研究科修了。
主に民間の教育現場において、小・中・高・大・社会人を対象として18年間に及ぶ指導経験をもつ。現在、行政とコラボし、教育を通じた地域活性化に従事。とくに、離島の教育格差是正のため、島根県・隠岐島において「隠岐島前高校魅力化プロジェクト」「公営塾 隠岐國学習センター」の活動に砕身。活躍の様子は、先日NHKでも取り上げられた。

近江 正隆(おうみ・まさたか) 1970年・東京目黒生まれ。
2010年から農林漁業者とともに都会の高校生の受入「農村ホームスティ」を実施、2012年には広域受入組織「NPO法人 食の絆を育む会」を管内農業者と設立した。在住する浦幌町では、2008年より町と町教委とコンソーシアム「うらほろスタイル推進地域協議会」を結成。町内の小中学校と連携し、ふるさと浦幌町への愛着を育み、地域への定住につなげるアプローチをすすめている。著書に『だから僕は船をおりた』(講談社/2010年)がある。

≪問い合わせ≫
みらいずworks
〒950-2002 新潟市西区青山5-8-22 
Tel&fax 025-232-6141
e-mail info@miraisworks.com
HP http://www.miraisworks.com/

SENSEI NOTE

その他新潟県のキャリアのセミナー・研究会・勉強会

キャリアのセミナー・研究会・勉強会を別の地域から探す

新潟県のセミナー・研究会・勉強会を人気のワードから探す