科学的視点から学ぶ特別支援教育セミナー終了

このイベントは終了しました

 気になるリストに追加
4人が気になるリストに追加

科学的視点から学ぶ特別支援教育セミナーの概要

開催日時 13:00 〜 16:00
定員50(あと無理に詰めて10名程度)名
会費4,000円
場所 長崎県佐世保市 佐世保市男女共同参画推進センター「スピカ」(アルカス佐世保内)

TOSS特別支援教育の第一人者・小野隆行氏と
佐世保市の特別支援教育の中枢を担う、発達センターの迎ドクターのコラボセミナーです。

小野氏は、学校一大変だと言われる子どもたちを毎年のように担任をされています。3月、どの子が大変だったか分からないような状態で引き継ぎをされています。

現在、学校教育にも科学的視点の重要性が叫ばれています。小野氏と迎ドクターには、科学的視点に基づいた指導の仕方を中心に話してもらいます。

○ 講座内容(予定:内容は変更になる可能性があります。)
13時~13時45分
~「支援を要する子が複数いる学級で授業を進めるポイント」~
1 計算が速い子と計算が遅い子がいる学級での算数授業の進め方
2 衝動的に答える子どもと、行動が遅い子がいる学級での授業の進め方
3 立ち歩くことそれに反応する子どもがいる学級での授業の進め方

14時~14時45分
~「どの子も満足する学級経営のポイント」~
1 食が細い子も沢山食べる子も満足する給食指導のポイント
2 昨年まで荒れていた子どもが変わった。ケンカの仲裁方法
3 子どもの行動には理由がある。子どもの思考を徹底分析

15時~15時45分
~科学的視点に基づいた子どもの行動分析

15時45分~16時
Q&A

以下のフォームからも申し込みができます。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/b72b144b373757

小野隆行先生ってこんな先生です。

~漢字テスト全員100点~
「本日二回目の漢字テスト。2回連続で全員100点。算数テスト「20までの数」。クラス平均98.8点。ほとんどの子が100点。1年生は1学期にテストを採用してなかったので、実質初めてのテストだった。低学力で一斉指導は無理と言われていた子2名とも100点。能力があって、何でも早くできる子が95点。うっかりミス。もう逆転現象が起こっている。1年生なので、こんなもんかな?と思っていると、ずっと1年生に入っている支援員さんが「全く違いますと驚いていた」

~校長先生からお礼~
職員室で仕事をしていると、校長先生がやってきてお礼を言われた。いくつか立て続けに行った巡回相談について。保護者と面談したケースは、明らかな改善をみせた。また、校内のケース会でも、継続してサポートに入っているところが通常学級だけで3クラスになった。特別支援学級はすべてサポート中。そのようなことがあって、校長先生からお礼を言われた。
                         (小野隆行氏、授業記録より)
~漢字テスト全員100点~
「本日二回目の漢字テスト。2回連続で全員100点。算数テスト「20までの数」。クラス平均98.8点。ほとんどの子が100点。1年生は1学期にテストを採用してなかったので、実質初めてのテストだった。低学力で一斉指導は無理と言われていた子2名とも100点。能力があって、何でも早くできる子が95点。うっかりミス。もう逆転現象が起こっている。1年生なので、こんなもんかな?と思っていると、ずっと1年生に入っている支援員さんが「全く違いますと驚いていた」

~校長先生からお礼~
職員室で仕事をしていると、校長先生がやってきてお礼を言われた。いくつか立て続けに行った巡回相談について。保護者と面談したケースは、明らかな改善をみせた。また、校内のケース会でも、継続してサポートに入っているところが通常学級だけで3クラスになった。特別支援学級はすべてサポート中。そのようなことがあって、校長先生からお礼を言われた。
                   (小野隆行氏、授業記録より)

予定の50名を超えました。
会場のマックスが60名です。出席を希望される先生は、お早めにご連絡ください。場合によっては、お断りをする可能性があります。

 気になるリストに追加
4人が気になるリストに追加
出席者の感想(抜粋)です。

○ 迎先生のABA分析のお話も大変勉強になりました。アイチェックそして、アセスメントをとるだけでなく、その後の具体的な取り組みに向けた方法もよく分かりました。ごーるまで設定し...

SENSEI ノート

その他長崎県の特別支援のセミナー・研究会・勉強会

特別支援のセミナー・研究会・勉強会を別の地域から探す

長崎県のセミナー・研究会・勉強会を人気のワードから探す