終了

【登進研バックアップセミナー113】不登校ー何が心を突き動かす突破口になったのか?〜回復に向かうプロセス、一歩を踏み出すときに必要なサポートなど、親と子の希望につながる6つの提言

開催日時 13:00 17:00
定員83名
会費1000円
場所 東京都渋谷区千駄ケ谷4-25-2 SYDビル2階ホール

このイベントは終了しました

 気になるリストに追加
1人が気になるリストに追加
【登進研バックアップセミナー113】不登校ー何が心を突き動かす突破口になったのか?〜回復に向かうプロセス、一歩を踏み出すときに必要なサポートなど、親と子の希望につながる6つの提言

【第1部・リレートーク】何が心を突き動かす突破口になったのか?
●講 師:齊藤真沙美(東京女子体育大学・同短期大学准教授)
     小栗 貴弘(跡見学園女子大学心理学部准教授) 
奥野 誠一(立正大学心理学部准教授)
     荒井 裕司(登進研代表)

◆第1部では、不登校から回復するまでの過程を次の6つのステージに沿って考えます。①当初のさまざまな葛藤、②昼夜逆転、ネット・ゲーム漬けの日々、③親子の衝突、④長期化に伴う不安への対応、⑤動き出す兆しが見えてきたとき、⑥不登校を経て何が変わったのか。
そして、各ステージでみられる子どもの言動と必要な親の対応について、4人の講師に専門家ならではの提言をしていただきます。
◆当セミナーでは、これまで70人を超える若者や親御さんの体験談に耳を傾けてきました。今回のセミナーの特長は、各ステージでの象徴的な体験者の言葉を入口にして、その背後にある状況や問題点を解き明かし、そのとき親は何をすればよいのかを提示する点です。そして、「心を突き動かす突破口になったもの」として体験者が語った印象的ないくつかの言葉を紹介し、そこにはどんな共通点があるのか、動き出そうとするとき親にどんな対応が求められるのかを重点的に探ってみたいと思います。

【第2部・1問2答】「学校をえらぶ」「学校をかえる」ときの前知識
◆第2部では、この時期に親と子が直面する、進路選択の問題や転校に関する悩みを取り上げ、4人の専門家が「1問2答」形式で回答します。1問2答は、1つの質問に対し心理面と進路面の2つの異なる視点からアドバイスを聞くことができ、「理解が深まる」「別の見方もあることを知り、視界が広がった」と毎回大好評のシリーズです。

【第3部】個別相談(30組限定・事前お申し込みが必要です)
◆個別相談ご希望の方は、ご氏名・ご住所・電話番号、お子さんの学年(または年齢)・性別、ご相談内容(不登校が始まった時期、現在の状況等を400字以内で)、「個別相談希望」とご記入のうえ、9月7日(水)までに、登進研ホームページのフォームにてお申込みください。

【参加のお申し込み方法】
下記の事務局へ電話・メール・ホームページのお申し込みフォーム、または本サイトのお申し込みフォームにてお申し込みください。

★みなさまに安心してご参加いただけるように、感染防止対策には万全を期しております。ホームページのセミナー113の案内の末尾に掲載した「参加者のみなさまへのお願いと新型コロナウイルス感染防止対策について」をお読みいただき、ご協力をよろしくお願い申し上げます。

【お問い合わせ】
〒151-0053 東京都渋谷区代々木 1-43-8
「登校拒否の子どもたちの進路を考える研究会(略称:登進研)」事務局
Tel.03-3370-4078  Fax. 03-3370-5198
ホームページ■http://www.to-shin-ken.net/
eメール■info@to-shin-ken.net

 気になるリストに追加
1人が気になるリストに追加

イベントを探す

不登校のセミナー・研究会・勉強会を別の地域から探す

SENSEI ノート