ESD(持続可能な開発のための教育)とグローバル人材【2016年度開発教育指導者研修(実践編)】 ※開催日は応募〆切日です。終了

このイベントは終了しました

 気になるリストに追加
2人が気になるリストに追加
ESD(持続可能な開発のための教育)とグローバル人材【2016年度開発教育指導者研修(実践編)】 ※開催日は応募〆切日です。

ESD(持続可能な開発のための教育)とグローバル人材【2016年度開発教育指導者研修(実践編)】 ※開催日は応募〆切日です。の概要

開催日時 00:00 〜 00:00
定員40名
会費無料円
場所 愛知県名古屋市中村区平池町4丁目60-7 なごや地球ひろば
主催JICA中部

●日時:
第1回…2016年 6月11日(土曜)13時から17時 及び12日(日曜)10時から15時
第2回…2016年 7月9日(土曜)13時から17時 及び10日(日曜)10時から15時
第3回…2016年 8月27日(土曜)13時から17時 及び28日(日曜)10時から17時
第4回…2017年 2月11日(土曜)10時及び18時
実践報告フォーラム…2017年 2月12日(日) 10時から16時半

●会場:JICA中部 なごや地球ひろば 2階セミナールーム
●主催:独立行政法人国際協力機構 中部国際センター(JICA中部)
●後援(申請中):
愛知県教育委員会、三重県教育委員会、岐阜県教育委員会、静岡県教育員会、名古屋市教育委員会、静岡市教育員会、浜松市教育委員会

●内容:
6月から8月の3回の研修で開発教育・国際理解教育の理念と実践方法を学び、9月から2017年1月に研修の成果を活かして、各自学校や地域の現場で実践を行った後、2017年2月に一般公開で実践内容を発表・評価しあう、1年間を通した開発教育・国際理解教育の実践者向けの充実した研修です。また、「教師海外研修」参加者は、本研修にすべて参加します。異なる場で学んできたことが本研修に還元され、さらに豊かな学び合いの場となります。

●【目的】本研修は、よりよい未来を描き実現するために、「参加型」を通して1人ひとりをエンパワーし、参加の力を身につけるための場と方法を提供することのできる「開発教育(国際理解教育)指導者」育成することを目的としています。

●【開発教育・国際理解教育とは】持続可能な未来を築くために、人権・環境・共生といった人類共通の課題を理解し、「身近な人と、世界の人々と、地球のすべての生命と共に生きる」ための価値観を育て、主体的に行動する力を身につけるための教育です。

●対象:小学校、中学校、高等学校、中等高等学校、高等専門学校、特別支援学校の教師、教育委員会関係者、NGO/NPOスタッフ、地域国際化協会職員、JICAボランティアOB/OGなど、開発教育・国際理解教育を実践されている方

●定員:40名程度
●参加費(入場料等):無料(交通費は各自にてご負担いただきます。遠方にお住まいの方はJICA中部に宿泊できます(費用はJICA規定に基づきJICAが負担します)。)

●参加方法(応募方法):申込書にご記入のうえ、FAX、郵送、Eメールのいずれかにて、事務局にお送りください(JICAでは申込書の受付けを行いません)。
申込(応募)締切:5月22日(日)(必着)
応募書類等に基づき選考を行い、選考結果は5月末までに事務局より文書にて通知いたします。

●お問い合わせ:(業務委託先)(特活)NIED・国際理解教育センター JICA研修係
担当者:川合 眞二
電話番号:070-5333-5566
ファックス:052-781-5779
Eメール:nied@love-hug.net

※募集要項・申込書詳しくはこちら 
 http://www.jica.go.jp/chubu/event/2016/20160611_01.html

 気になるリストに追加
2人が気になるリストに追加
SENSEI NOTE

その他愛知県の高等学校のセミナー・研究会・勉強会

高等学校のセミナー・研究会・勉強会を別の地域から探す

愛知県のセミナー・研究会・勉強会を人気のワードから探す