学校・教育改革を目指す教育者のための 21世紀型教育を創造する祭典 「タクトピアフェスティバル」1日限定イベント終了

このイベントは終了しました

 気になるリストに追加
5人が気になるリストに追加
学校・教育改革を目指す教育者のための 21世紀型教育を創造する祭典 「タクトピアフェスティバル」1日限定イベント

学校・教育改革を目指す教育者のための 21世紀型教育を創造する祭典 「タクトピアフェスティバル」1日限定イベントの概要

開催日時 10:00 〜 17:00
定員150名
会費無料円
場所 東京都千代田区丸の内1丁目7−12 サピアタワー8階

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     学校・教育改革を目指す教育者のための
      21世紀型教育を創造する祭典
     「タクトピアフェスティバル」開催

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

新たな教育・学校の形を創りたいと願う教育者を対象に、
21世紀に求められる新しい教育についての情報発信や
コミュニティ形成を行うイベントを開催します。

【イベント概要】

●日時:2019年10月14日(月祝)10:00〜17:00

●会場:立命館東京キャンパス
  (〒100-0005 東京都千代田区丸の内1丁目7−12 サピアタワー)

●参加費:無料(事前申込制・先着150名)※入退場は自由です。

●プログラム内容:
 ・弊社共同創業者 白川寧々による
  「グローバルってやつは、選択肢じゃない件」講演
 ・上田教授、織田澤副校長、タクトピア代表長井による
  「2019"ふつうの教育“論」パネルトーク
 ・下之門直樹氏による
  「グローバル時代に必要な視点とAPUの混ぜる教育」講演
 ・最新教育プログラム体感ワークショップ 
 ・弊社プログラム参加生徒・先生による成果発表
 ・学校・教育改革にむけた相談ブース    など

●開催協力:立命館アジア太平洋大学

●プログラム詳細は下記をご覧ください。
  https://linguahackers.wixsite.com/taktopiafestival

【イベント実施背景】

私たちはいま、急速なグローバル化とともに、
予測困難な変化を繰り返す21世紀に生きています。
これまでと違う新しい時代を迎えているからこそ、
新しい教育の形が求められています。

新しい教育に必要なものは何か。
「世界のあらゆるテクノロジーを集めた教室」と「ソクラテスが教える空っぽの教室」、
どちらに自分の子供を任せたいだろうか?
そんな示唆的な問いが示すように、教育とは結局「人」だと私たちは考えます。

新しい教育の形を考え、作っていこうとする先生方と共に、
21世紀の新しい教育の形を参加者全員で考えていくのが、
この教育祭典「TAKTOPIA FESTIVAL」です。

当日は、最先端のグローカルリーダー教育に関する情報発信や体感ワークショップ、
およびタクトピアプログラムに参加した生徒や生徒による成果発表が行われます。

【イベント登壇者について】

●上田 信行(うえだ のぶゆき)
同志社女子大学現代社会学部現代こども学科 特任教授
ネオミュージアム館長

奈良県出身。同志社大学卒業後、セントラルミシガン大学大学院にてM.A.、
ハーバード大学教育大学院にてEd.M., Ed.D. (教育学博士)取得。
プレイフルラーニングをキーワードに、
学習環境デザインとラーニングアートの学びの場づくりを数多く実施。
1996~1997 ハーバード大学教育大学院客員研究員、
2010~2011 MITメディアラボ客員教授。
著書に『プレイフルシンキング:仕事を楽しくする思考法』(2009, 宣伝会議)、
『プレイフルラーニング:ワークショップの源流と学びの未来』(2013,共著、三省堂)など。

●織田澤 博樹(おたざわ ひろき)
青翔開智中学校・高等学校 副校長樹

群馬県出身。日立製作所でエンジニアを経験した後、
キャラクタービジネスの世界へ転身。玩具やミュージアムの企画を担当。
2012年より鳥取市へ 転居し青翔開智中学校・高等学校の設立に参画する。
2016年より現職。最年少民間人副校長。

●下之門 直樹(しものかど なおき)
立命館アジア太平洋大学 学長室 東京オフィス

2005年APU卒(開学2期生)。
筑波大学大学院ビジネス科学研究科修了(MBA)。
新卒で、SMBC日興証券(株)に3年半勤務後、
グローバル教育の発展へ寄与したいと考え、APUに職員として転職。
APUでは、1310室を保有する国際学生寮で異文化間コミュニケーション
を促進するため、寮長の選考や支援などを担当。
第33回大会異文化間教育学会にて、学生寮の取り組みを発表。
その後、アドミッションズ・オフィス業務に携わり、東京オフィス勤務。

【主催者について】
●長井 悠(ながい ゆう)
タクトピア 株式会社 共同創業者CEO

茨城県と千葉県で育つ。東京大学にて藝術学(音楽社会学)を専攻、
修士課程修了。IBM社にて、戦略コンサルタントとして活動後、
2010年にハバタク株式会社を創業。
2015年、当社の一部門であった学校向け教育事業を
タクトピア株式会社としてスピンアウトし代表に就任。

●白川 寧々(しらかわ ねね)
タクトピア 株式会社 共同創業者CEO

日中英のトライリンガル。6歳で来日後、日本国籍取得。
フェリス女学院中学・高校時代に独学で英語を学び、
米国デューク大学に進学。
卒業後、米国大手コンサルティングファーム勤務を経て、
マサチューセッツ工科大学(MIT)MBA修了。
2015年にタクトピア株式会社、2017年に「FutureHACK」を創設。
2018年には「教員をグローバルリーダーに。」という
ミッションのもとに「Hero Makers」を創設。
同事業は経済産業省「未来の教室実証事業」に採択された。

●嶋津 幸樹(しまづ こうき)
タクトピア 株式会社 英語教育事業部 ディレクター

山梨県出身。青山学院大学文学部卒業。
17歳の時に海外進学塾EUGENIC(現Academia)を創業し、
24歳で売却。独学でIELTS 8.0を獲得し、
オックスフォード大学・ロンドン大学(UCL)の修士課程に
ダブル合格。ケンブリッジ英語教員資格CELTAを取得。
ロンドン大学教育研究所応用言語学修士課程修了。
Pearson ELT英語教育ティーチャーアワード2017を
世界108ヶ国1395名の応募から選出され受賞。

【タクトピア株式会社について】
タクトピアは、「グローカルリーダーへの発射台」をミッションに、
多様性あふれる仲間との「圧倒的な原体験」の共創を通じて
グローカルリーダーを育成する、新しい学びのプラットフォーム
を展開しています。海外研修、国内研修、英語学習、講演など
多岐に渡るプログラムをご支持いただき、創設以来約200件の
グローバル人材育成プログラムを中学・高校を中心に約80校に実施し、述べ参加者数は
16,000名を超えます。今後もよりわくわく・充実したプログラムを
ご提供し、21世紀を生き抜く次世代型のリーダーを育成して参ります。

<会社概要>
会社名:タクトピア株式会社/TAKTOPIA &Co.
代表者:代表取締役社長 長井 悠
所在地:東京都千代田区神田錦町3−2 千代田印刷会館7F
事業:世界へ羽ばたく若者を支援する教育プラットフォーム
   の運営および教育プログラムの提供
設立:2015年4月
URL:http://taktopia.com

【問い合わせ先】
Email: info@taktopia.com
Tel: 03−4405−3927

 気になるリストに追加
5人が気になるリストに追加
SENSEI ノート

その他東京都の大学のセミナー・研究会・勉強会

大学のセミナー・研究会・勉強会を別の地域から探す

東京都のセミナー・研究会・勉強会を人気のワードから探す