関西大学外国語教育学会秋季研究会2019

関西大学外国語教育学会秋季研究会2019の概要

開催日時 13:00 〜 16:40
定員50名
会費1000円
懇親会の会費約4000円
場所 大阪府吹田市 関西大学千里山キャンパス岩崎記念館4F

日時 2019年11月17日(日)13:00〜16:40
場所 関西大学千里山キャンパス岩崎記念館4F
内容 
講演「外国語学習とコミュニケーションの情意的側面」八島智子先生(関西大)
研究発表① 「朝鮮語における味覚形容詞の程度性研究-辛“맵다”苦“쓰다”を中心に-」日野ちあき氏(関西大[院])
研究発表②「英語シャドーイングの足場掛けとしてのシンクロ・リーディング:音声変化の視点から」胡海氏(関西大[院])
参加費 1,000円 会員無料

ーーー
【要旨】
講演
「外国語学習とコミュニケーションの情意的側面」
八島智子教授(関西大学外国語学部・外国語教育学研究科)
言語は使うことにより習得されるという使用基盤(usage-based)モデルに基づくと、言語を使用する場面をどれだけ多く作り出せるかということが習得の鍵となる。こういうなかで認知的な側面が中心であった第二言語習得研究において、最近は非認知的、情意的側面を扱った研究が急増している。今回は、動機づけとアイデンティティ、コミュニケーションへの積極性(Willingness to Communicate, WTC)、国際的志向性などを鍵概念として、特に時間軸を取り入れた最近の研究を展望し教育的示唆を論じたい。
研究発表①
「朝鮮語における味覚形容詞の程度性研究-辛“맵다”苦“쓰다”を中心に-」
日野ちあき(関西大学外国語教育学研究科博士課程前期課程2年)
朝鮮語の味覚形容詞「맵다」(辛)「쓰다」(苦)を中心とした程度性の分析結果を発表。味覚を典型意味とする語が、「매운 주먹」(辛い握りこぶし)「쓴 경험」(苦い経験)など抽象的現象に拡張して用いられる場合の程度性を対立語の検証から考察した。
研究発表②
「英語シャドーイングの足場掛けとしてのシンクロ・リーディング:音声変化の視点から」
胡海(関西大学外国語教育学研究科博士課程前期課程3年)
「英語シャドーイングができればリスニング能力が上達すると同時にスピーキング能力も向上する」というような先行研究があり、一見にしてシャドーイングが出来れば全て問題解決のように思える。しかし,シャドーイングは慣れない学習者にとって困難なことが多い。そこでシャドーイングに必要とするシンクロ・リーディングを行える能力(聞き読み能力)を養成することが重要となる。本発表では,シャドーイングの足場掛けとしての聞き読み能力の養成に関して,音声変化の観点から考察を試みる。
ーーー
★学外の方、一般の方も大歓迎です。どなたでも参加いただけます。
★研究会の後、懇親会を予定しております。こちらもこぞってご参加ください。
お問合せ先 研究大会委員 上野舞斗 
✉︎uenomight[at]gmail.com ([at]を@に変えてください)

 気になるリストに追加
4人が気になるリストに追加
SENSEI NOTE

その他大阪府の外国語のセミナー・研究会・勉強会

関連する人気のセミナー・研究会・勉強会

外国語のセミナー・研究会・勉強会を別の地域から探す

大阪府のセミナー・研究会・勉強会を人気のワードから探す