第42回『学び合い』中信ブロック会終了

第42回『学び合い』中信ブロック会の概要

開催日時 18:30
場所 長野県塩尻市大門一番町12-2 えんぱーく(市民交流センター) 2F

今回の会の内容
  ①自己紹介、近況報告
  ②次年度の『学び合い』中信ブロック会のあり方
  ③長野セミナーについて、小布施町の幼保小中の連携について
  ④実践発表   ⑤フリートーク
信州大教育学部教授      三崎 隆先生

から直接指導いただいております。

子ども達が「見捨てられていない」、「安心して学校生活ができる」、「安心して授業が受けられる」とまずは感じられるアクティブラーニングを目指しております。

『学び合い』のポイントは、子どもたちにとって、誰も見捨てられていないと感じられること
教師が、子どもたち(子ども集団)は有能だ(可能性を持っている)と
思うことができるかどうかが鍵
まずめざすべきは、子どもたちが「分からない」、「できない」と
安心していえる雰囲気づくり
『学び合い』は、人間関係づくり
だから、安心して学ぶ雰囲気が醸成されれば自ずと学力は上がる
だって、真剣に取り組む時間が増えるんだから

最終的には、人格の完成をめざす。

【このような方は、是非『学び合い』をやってみませんか!!】

◆ 気になる子がクラスをかき回す。
◆ クラスの中の何人かは授業についていけない。苦しんでいる。
◆ クラスでいじめが起こった。
◆ クラスに不登校気味の子や不登校の子がいる。
◆ 学級崩壊になってしまうのではないかと心配だ。
◆ 忙しくて忙しくて、家庭が心配。
        ⇓
 ひとつでも心当たりがあったら、どうぞ私どもと一緒に学び合っていきましょう。

私どもが、あなたの学校、学級にお伺いして、貴校、貴学級で予定している授業内容で出前(飛び込み)授業をすることもお引き受けします。

今、学校では多くの子どもたちが人間関係で苦しんでいます。

しかし、人間関係づくり、学級づくりのために多くの時間を割く余裕がないので、人間関係づくりをするにしてもイベント的にならざるをえないのではないか。

苦しんでいるのは子どもたちだけではないです。一生懸命にやっているのに成果が上がらず苦しんでいる先生方が大勢います。またこれで本当によいのかと悩んでおられる方がたくさんおられますが、現況をなかなか打開できないでいるのが実情ではないでしょうか。また、理想の学校の実現をめざしているにもかかわらず、職員がチームになれずに悩んでいる方がおられることも知っています。

私は、子どもたちの人間関係の改善を図り、子どもたちが大人への自立のために、学校生活の中で最も多くの時間を占める教科の学習の時間の中で人間関係づくりを行うことを考えています。

『学び合い』は上越教育大教職大学院教授西川純先生が提唱されたもので、1時間や1単元の終末の段階で、何をどこまで(どの程度)までやればよいのか(つまりゴール)を子どもたちにもわかるように示し、どのようにやるのかは子どもたちに可能な限り委ねます。子どもたちの可能性を信じ、子どもたちのわずかな人間関係の成長を読み取り、子どもたちの姿に学んでいこうという姿勢が、子どもたちが安心して学んでいくために大事にしていこうとかんがえていることです。

授業の中で人間関係づくりを行っていくことにより、人間関係が円滑になり、自信がなかったり、分からないこと等あって、今まで安心して学習に取り組めなかった子どもが集中して取り組むようになるんですから学力も上がらないはずがありません。教育界で問題になっているさまざまな事象の解決に寄与できると自負しています。

【『学び合い』の考え方 】  第一は、「学校は、多様な人とおりあいをつけて自らの課題を達成する経験を通して、その有効性を実感し、より多くの人が自分の同僚であることを学ぶ場」であるという学校観です。
 第二は、「子どもたちは有能である」という子ども観です。
 第三は、「教師の仕事は、目標の設定、評価、環境の整備で、教授(子どもから見れば学習)は子どもに任せるべきだ」という、授業観です。
 より詳しくは、『学び合い』の手引書または、「クラスが元気になる!『学び合い』スタートブック」 、「これだけは知っておきたい『学び合い』の基礎・基本」等をご覧ください。

『学び合い』中信ブロック会開催責任者
            古 厩  一(ふるまや はじめ)

SENSEI NOTE

その他長野県の学び合いのセミナー・研究会・勉強会

学び合いのセミナー・研究会・勉強会を別の地域から探す

長野県のセミナー・研究会・勉強会を人気のワードから探す