教育の目的を考える読書会【教育学をつかむ×MANABICA 第1回】終了

このイベントは終了しました

 気になるリストに追加
5人が気になるリストに追加
教育の目的を考える読書会【教育学をつかむ×MANABICA 第1回】

教育の目的を考える読書会【教育学をつかむ×MANABICA 第1回】の概要

開催日時 14:00 〜 16:00
定員12名
会費1000円
場所 東京都渋谷区 貸しスペース

6月のMANABICA×読書会のテーマは「教育の目的とは?なぜ勉強するの?」

教育学のテキストを取り上げる読書会アドバンスト、最初の課題図書は木村元さん、小玉重夫さん、船橋一男さん共著の「教育学をつかむ」です。

その第1回は今月のテーマに関連するunit1〜7、9〜10、26です。(他のunitは次月以降のテーマに沿って取り上げます。)

【教育学をつかむ(amazon)】
https://amzn.to/2HSgmYR

本書は、「教職的な教育学」と「アカデミックな教育学」を結びつけることを特徴とした教育学の入門書です。

今回取り上げるunitを読むことで、教育の理念や目的が歴史やその時代の社会によって規定されることを体感し、私たちの「教育観」も実は歴史や社会によってもたらされていることに気づくのではないでしょうか。

また本書は、教育の理念が時代によって変わることから、従来のテキストの「理念を説明したあと、教育の実践や制度を説明する」スタイルではなく、「現代社会の状況を踏まえ、現代教育の課題を提供する」スタイルになっています。それゆえ、読後は頭の中にモヤモヤが残るかもしれません。しかしそれは、現代の教育の理念や目的は、私たち自身が現代社会の状況から考えなくてはならないことを表しています。

今回取り上げるunitを読んで教育の歴史と現代社会の状況を学んだあと、改めて教育の目的について考えたり、皆さんそれぞれの新しい「教育観」をつかむために、読書会では色々なことを対話していきましょう!

<イベント情報>
参加資格:「教育学をつかむ」のうち、unit1〜7、9〜10、26を読まれた方(※1)

※1:「読んだ」の定義は人それぞれです。全体(90p程度)をさらっとながし見する、気になった所だけ読むなど
※2:会場の詳細情報は開催の2、3日前にご指定のメールアドレスへご連絡いたします。メールが届かない場合はお手数ですが公式LINEへご連絡をお願い致します。

<こんな人大歓迎>
・教育学は勉強したことないけど興味がある方(所属・年齢不問)
・教育について、参加メンバーと対話・議論してみたい方
・自分が望む学びの場がないと感じている人
・現在の教育に関して疑問を持っている人
・むしろ自分で学びの場を作りたい人

今後のイベントのご案内を公式LINEからも行なっております。公式LINEではイベントの参加希望や、お問い合わせ、「こんな学びの場が欲しい・作りたい!」といったリクエストができますのでぜひ友達追加してみてください!
【公式LINE】
http://nav.cx/5HPnwbs

<ご注意事項>
※他の参加メンバーを優先するため、無断キャンセルや連続して直前のキャンセルがあった場合、今後の参加を承らない場合がございますのでご了承ください。

※政治、宗教、本イベントとは関係のないビジネス・セミナーなどの勧誘、チラシなどの配布は固くお断りさせていただいております。もし何かお見かけすることなどあればMANABICA運営へお伝えください。

※イベントの様子は写真撮影させて頂き、撮影した写真は本ウェブサイトやTwitter等に掲載する可能性がございます。顔のわかる写真のウェブ上での公開がNGの場合は、お手数ですがイベント開始前に、公式LINEもしくはイベント会場にてご申告頂けますようお願い致します。

 気になるリストに追加
5人が気になるリストに追加
SENSEI ノート

その他東京都の歴史のセミナー・研究会・勉強会

歴史のセミナー・研究会・勉強会を別の地域から探す

東京都のセミナー・研究会・勉強会を人気のワードから探す