昨年度来場者2000名以上!国内最大級「教育コンテンツ」の展示会 未来の教育コンテンツEXPO 2019(ミラコン2019) 12月21日・22日開催

昨年度来場者2000名以上!国内最大級「教育コンテンツ」の展示会 未来の教育コンテンツEXPO 2019(ミラコン2019) 12月21日・22日開催

昨年度来場者2000名以上!国内最大級「教育コンテンツ」の展示会 未来の教育コンテンツEXPO 2019(ミラコン2019) 12月21日・22日開催の概要

開催日時 09:30 〜 18:00
定員3000名
会費無料円
場所 東京都文京区本駒込2-29-1 村田女子高等学校

「未来の教育コンテンツEXPO」は、2018年に初めて開催された、国内最大級の教育コンテンツを紹介するイベントです。今年は、「学びのカタチ 進歩と調和」をテーマに、AI、SDGs、5G、プログラミング、アクティブ・ラーニング、入試改革、ブロックチェーン、など…それぞれの未来の教育に関わるテーマを設け、実践・研究している先生、教育者、企業が集まります。これまでの教育の良さを踏襲しつつ、変わりつつある(進歩している)社会の中で新しい知見や取り組みを参加者の皆さんと生み出し続けることを目指しています。

昨年は、教職員だけでなく、教育系NPO、中高生、大学生、企業の担当者、など幅広い層にお越しいただき、2日間で2,000人を超える参加者が集いました。出展団体は、AI、ICT、プログラミング、ロボット、VR、AR、英語教育、映像、など幅広いコンテンツをカバーしており、基調講演やシンポジウム、ワークショップのほか、ポスターセッション、教室でのセミナー・ブース展示など合計100 以上のプログラムを実施する予定です。

■開催の目的・背景(ミラコンとは)
2020年代、学校や地域、企業、社会を含めた「学び」の姿が大きく変わろうとしています。変化の時代を迎え、教育の現場で使われる「教育コンテンツ」の姿も変わろうとしています。
未来の教育コンテンツEXPOでは、「教育コンテンツ」の「今」そして「未来」に関するツールやプロダクトの展示と、実際に体験できる場と機会を用意し、多くの方々が「教育コンテンツ」の未来について、具体的なイメージを描くことができるようにします。
〇日本国内外で最先端の教育を行っている多様なコンテンツをクローズアップして紹介します。
〇学校・企業・教育団体などの枠を超えた、教育関係者同士の相互交流の場と機会を設定します。
〇未来を担う子どもたちが、21世紀を生きる資質と能力を養い高めるために、今、教育で何ができるのかについて、国内外で最先端を行く「未来の教育コンテンツ」の姿を講演、ワークショップ、授業スタイルで紹介します。
〇多くの教育関係者、そして保護者や一般の方々に参加・体験していただくことで、未来の教育に関する様々な関心を高め、それにより近未来の教育の姿を創造できる場とします。

■「未来の教育コンテンツEXPO 2019」 開催概要
日時 :2019年12月21日(土) 〜 22日(日) 9時30〜17時30分(懇親会:18〜20時)
場所 : 村田女子高等学校
主催 : 未来の教育コンテンツEXPO実行委員会、一般社団法人 日本教育基準協会
後援 :経済産業省(予定)、文京区教育委員会(予定)※昨年度後援
参加団体:NPO法人英語運用能力評価協会、株式会社エルロン、NPO法人企業教育研究会、クラウドエース株式会社、高等教育問題研究会(FMICS)、積才房合同会社、株式会社増進堂・受験研究社、一般社団法人大学自慢、株式会社デジタル・ナレッジ、株式会社テンアップ、日本アクティブ・ラーニング学会、日本プロジェクトマネジメント検定協会、ユーフォーブックス株式会社、株式会社RSG、キュリー株式会社(8月末現在)
入場料 :無料
※基調講演・シンポジウム有料
1日券1500円(当日券2000円)
2日券2500円
※高校生以下は無料
※ワークショップ参加は一部有料(随時更新)
※情報交換会1000円(当日申込み)
参加対象:教育関係者・保護者・生徒・自治体/教育委員会ご担当者・企業研修/人材育成ご担当者 ・塾/予備校/通信教育など。
URL : https://miracon.jpeca.jp/
協賛・参加・ボランティア申込:ウェブサイトから

■「未来の教育コンテンツEXPO 2019」の主な内容
ミラコンは、下記の 5つのゾーンに分かれており、情報収集・情報交換・体験、ネットワーキングなどを行えるようになっています。
<基調講演 ・シンポジウムゾーン>
基調講演とシンポジウム。未来の教育を牽引する研究者・実践者・イノベーターの先進事例を紹介します。
<教室セミナー・展示ゾーン>
国内外の先進的なコンテンツやサービス、教育ソリューションを教室において、展示・体験できます。
<研究・実践事例ゾーン>
未来の教育に関する実証研究や事業開発、学校改革・カリキュラムマネジメント、など、
EdTech やSDGs、キャリア教育などの事例を紹介し、抱える課題を対象に専門家とのコーディネートを設定します。
<体感型 ワークショップ ゾーン>
演劇・映画、声優体験やプログラミング、VR、AI、 STEM 教材、を中心とした体験型ワークショップです。
参加者に未来の教育への創造の場を提供します。
<情報交換 ネットワーキングゾーン>
クリエイティブな発想を起こす繋がりや鍵となるコミュニティ参加・ネットワーク創りができます。
情報交換/ネットワーキング/ビジネスマッチング

■登壇者(予定)一覧 2019年8月末現在
※当日のタイムスケジュールは、Web サイトをご覧ください。随時更新致します。
◆赤堀侃司氏
(日本教育情報化振興会(JAPET&CEC)会長/ICT CONNECT 21会長/東京工業大学名誉教授) 専門は教育工学、主な著書は、「タブレットは紙に勝てるのか」(ジャムハウス、2014)、「プログラミング教育の考え方とすぐに使える教材集」(ジャムハウス、2018)、「AI時代を生きる子どもたちの資質・能力」(ジャムハウス、2019)など。
◆岡本健氏
(近畿大学総合社会学部准教授) 専門は観光学、アニメやマンガ、ゲーム、映画、小説などを動機とした旅行や観光・地域振興(コンテンツツーリズム)
◆狩野晶子氏
(上智大学短期大学部英語科准教授)専門は第二言語習得、早期英語教育。NPO小学校英語指導者認定協議会(J-SHINE)理事、小学校英語指導者育成トレーナー。
◆小金丸大和氏
(脚本家・舞台演出家、漫画原作者、桐朋学園大学演劇科講師) 作家・演出家・演劇制作体V-NET・代表
◆三遊亭鳳月氏
(落語家/円楽一門会二ツ目) 古典落語には、21世紀を生きる私たちにも通じる貴重な知恵や喜怒哀楽が詰め込まれています。私は、落語には次の3つの使命があると捉えています。1. お客様を笑顔にする。2. 地域社会に貢献する。3. 二酸化炭素を削減する。
◆根岸雅史氏
(東京外語大学大学院教授) 言語テスト論・英語教育、日本言語テスト学会 理事、財団法人 語学教育研究所評議委員会 副議長、財団法人日本英語検定協会 評議委員、NPO 英語運用能力評価協会理事 理事、NPO ILEC言語教育文化研究所 理事
◆三宅陽一郎氏
(ゲームAI開発者)人工知能ゲームAI、国際ゲーム開発者協会日本ゲームAI専門部会チェア、日本デジタルゲーム学会理事、芸術科学会理事、人工知能学会編集委員。
〈タイムテーブル(11月掲載予定)〉

 気になるリストに追加
7人が気になるリストに追加
SENSEI NOTE

その他東京都の英語のセミナー・研究会・勉強会

東京都近隣の人気のセミナー・研究会・勉強会

英語のセミナー・研究会・勉強会を別の地域から探す

東京都のセミナー・研究会・勉強会を人気のワードから探す