受付終了

<中高生対象>SDGs文化祭 参加者募集中!

開催日時 13:00 〜 16:30
定員30名
会費0円
場所 東京都オンライン開催(状況により東京都内) 

このイベントは終了しました

 気になるリストに追加
4人が気になるリストに追加
<中高生対象>SDGs文化祭 参加者募集中!

==========================
<中高生対象>SDGs文化祭 参加者募集中!
6月〜12月の全6回のプログラム
キックオフミーティング 6/28(日)オンライン開催
https://kanto.esdcenter.jp/sdgs_culture-fes2020-01/
==========================

 2015年に国連でSDGsが制定されて以降、中学・高校でのSDGs教育へのニーズが高まってきました。こうした背景から、有志によるSDGs文化祭実行委員会を組織し、令和元年度に第1回SDGs文化祭を企画・運営しました。本企画は、SDGsに興味のある生徒が集い、協働して実践・発表の場を設けるものです。SDGsに興味があっても周囲に仲間がいない生徒や、学ぶ機会の少ない生徒に、積極的にSDGsに関わる場所を提供していきます。

■SDGs文化祭:全体スケジュール----------------------
第1回:キックオフミーティング:6/28(日)Web開催
第2回:2nd session-1 :8月下旬の土曜 東京都内
第3回:2nd session-2 :8月下旬の日曜 東京都内
第4回:中間発表   :10月の日曜   東京都内
第5回:SDGs文化祭  :11/15(日)  東京駅周辺
第6回:リフレクション:12月の日曜   東京都内

※注1:会場については新型コロナウイルスの状況により、
    web開催とする場合もあります。
※注2:別途、プロジェクトごとにミーティングを行う
    可能性もあります。

■令和2年度 SDGs文化祭 参加メンバー募集要綱-------
・対象:中学生及び高校生またはフリースクール等の生徒

・参加資格
 1.SDGsに本気で取り組みたい意欲があること
 2.「SDGs文化祭への参加及び個人情報に関する書類」に保護者の署名があること
 3.原則として、キックオフから全行程に参加できる事
 4.Web会議への参加やEメールなど通信環境があること

・実施内容:
 SDGs社会の担い手であるユース世代が集い、SDGsの課題達成に向けてユース世代として何ができるかを考え、広く社会に発信していきます。

・参加費等:無料
 (webミーティング等の通信費及び交通費等は、各自でご負担をお願いします)

・主催:SDGs文化祭実行委員会

・共催:(一社)ESD TOKYO

・後援:東京大学EMPOWER Project

・協力:関東地方ESD活動支援センター、ほか調整中

※詳細は、昨年度の実施内容をご覧ください↓
https://kanto.esdcenter.jp/rep191116/

■本企画の特徴 -------------------------------------
中高生を対象としたSDGsの企画は多くありますが、本企画の特徴は以下の3つあります。

1.中高生による横の繋がりづくり
 近年、SDGsに取り組む学校は増えていますが、まだ限られています。そのため、SDGsに取り組みたい意志はあっても、そのような環境にない生徒が多く存在している。学校の枠を越えて企画立案・運営することで、意志を持った生徒を結び付け、日本におけるSDGsの推進を加速させ ていきたい。

2.中高生と大学生の縦の繋がりの強化
 中高生と大学生がSDGsの推進に一緒に取り組むことによって、学校種を越えた新しい教育のデザインを示します。若い力のアイデアを具体化するためには、年齢を越えた協働の学びがとても大切です。

3.生徒主体の発信
 あくまでも生徒を主体とし、大人は場を提供するだけ、というスタンスを取っています。そのため、いわゆる賞は設けず、あくまでも取り組んだことを評価します。文化祭のように、それぞれが自分の興味の下に、様々な実践と発表を行っていきます。

■第1回キックオフミーティング 概要 ----------------
○日時:令和2年6月28日(日)13:00~16:30
○場所:Web開催(zoom)

【プログラム】
 13:00 開会:趣旨説明
 13:05 アイスブレイク
 13:30 大学生からのレクチャー及び情報交換
 14:30 各自の取り組みや課題の発表・共有
 15:30 SDGs実践のための検討と企画案作成
 16:30 終了

○コーディネーター(SDGs文化祭実行委員会)
★松井晋作氏
・桐蔭学園トランジションセンター専任講師
・(一社)ESD TOKYO 共同代表
高校教員を10年間務めたのち、多摩大学を経て現職。目黒区・多摩市などで教育コーディネーターに従事する中で、関東地方ESD活動支援センターのユース応援企画のコーディネートを行う。研究分野は、ESD・SDGs・インクルーシブ教育・学校と仕事・社会をつなぐトランジション。

★佐藤駿介氏
・(一社)ESD TOKYO 共同代表
・私立中学・高等学校教諭
大学で政治学を学び、一般企業に勤務。その後、大学院を卒業し、私立高校の教員となる。「実践に伴う知識の獲得」を掲げ、現在はESD/SDGs学習推進担当として活動している。

○協力団体
★関東地方ESD活動支援センター
文部科学省と環境省が、ESD(持続可能な開発のための教育)を推進するために、全国8箇所に設置した拠点の一つ。関東ブロック1都9県(茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川・新潟・山梨・静岡)におけるESD活動・実践者を支援しています。

★東京大学EMPOWER Project
東京大学の学生が中心となって、「誰一人取り残さない世界」を実現するための新プロジェクトを立ち上げました。「協力が必要な時は、お声を!」の気持ちを表すマークである「マゼンタ・スター」を広めていくことで、困った時、協力してくれる人をみつけやすく、誰もが誰かのためになれる世界をつくることを目指しています。


【お申込】
以下のホームページよりお申込後、保護者の同意書類に署名・捺印後、事務局までお送りください。(先着順)

https://kanto.esdcenter.jp/sdgs_culture-fes2020-01/

【お問い合わせ先】
・SDGs文化祭について
SDGs文化祭実行委員会
担当:佐藤駿介(私立高等学校教諭)
メールアドレス:sdgs.school.festival@gmail.com

・申込について
関東地方ESD活動支援センター 担当:伊藤、島田
東京都渋谷区神宮前5-53-67 コスモス青山B1F
TEL:03-6427-7975
(在宅勤務時は電話応対が出来ませんので、なるべくメールでご連絡ください)
kanto@kanto-esdcenter.jp  http://kanto.esdcenter.jp

 気になるリストに追加
4人が気になるリストに追加

イベントを探す

ESDのセミナー・研究会・勉強会を別の地域から探す

北海道・東北

北海道青森岩手宮城秋田山形福島

関東

茨城栃木群馬埼玉千葉東京神奈川

中部

新潟富山石川福井山梨長野岐阜静岡愛知三重

関西

滋賀京都大阪兵庫奈良和歌山

中国・四国

鳥取島根岡山広島山口徳島香川愛媛高知

九州・沖縄

福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄その他
SENSEI ノート