終了

医療現場における発達障害支援と合併症としての睡眠障害

開催日時 13:30 16:00
定員200名
会費3000円
場所 東京都オンライン開催 

このイベントは終了しました

 気になるリストに追加
2人が気になるリストに追加

日本学校心理学会 第63回研修会
詳細
医療現場における発達障害支援と合併症としての睡眠障害

講師:池田 裕一(イケダ ヒロカズ)先生
   昭和大学横浜市北部病院こどもセンター長

日時:令和3年11月3日(水・祝)13:30~16:00
  ※入室は13:00から可能です。

講師から
 発達障がいの子どもたちは、友人関係や学校生活などに困難感を抱えており、それにより強いストレスを感じていることも多く、早期に発見して適切な治療を行うことが重要です。治療には薬物療法と発達支援(療育)があり、医療現場では主に薬物治療が行われています。また、自閉症の約60%、注意欠如・多動症の約40%に睡眠障害が併存します。睡眠障害そのものが発達特性の一症状であり、さらに悪い睡眠習慣やメラトニン分泌時間遅延により、睡眠障害が顕在化する傾向があり、睡眠障害の治療も同時に行われる例も少なくありません。

参加費
参加費:会員…1,000円,非会員…3,000円
学生参加 可 会員…1,000円,非会員…2,000円

※会員の方は、「会員チケット」の購入の際に「割引コード」をご入力ください。会員料金の1,000円で購入できます。
※チケットのご購入の締め切りは、研修会の4日前です。

以下の点にご留意ください
※この研修は学校心理士資格更新の際のポイント(B1種)として申請中です。
※研修会への遅刻・早退の場合は、ポイントは取得できません。
※ZOOMを活用したオンライン研修会として開催します。
 ・Wi-Fiなどの安定したインターネット接続が必要です。
 ・スマホまたはパソコンがあれば受講できます。
※オンライン会議室へのアクセスについてのサポートは行いません。
 以下のページなどをご参照の上、ご自身で接続できることを事前にご確認ください。
 https://support.zoom.us/hc/ja/articles/201362193
 https://support.zoom.us/hc/ja/articles/115002262083
※会議室へのアクセス情報はお申込みいただいた方のみがご利用ください。
 ほかの方には知らせないでください。

当日のアクセス
 チケットをご購入いただいた後に、Peatixのページからチケットを確認すると、「イベントに参加」というボタンがあります。
 当日13時以降、そのボタンをクリックするとZOOMの会議室に参加することができます。詳しくはこのページ下部をご参照ください。

申し込みページ
http://ptix.at/jeUYvK

 気になるリストに追加
2人が気になるリストに追加

イベントを探す

関連する人気のセミナー・研究会・勉強会

1/31/3(月)午後 谷和樹 林健広 すっごい先生が教室で、毎日ふつうにやっている楽しい上に学力がつく「授業」の初耳なメカニズム&時代のルールが刻々と変化する中で、今と未来を生きる「子供」の最先端知見をここまで知ると、子供と毎日会うのがもっと好きになるアカデミック大百科セミナー 〜教育の現場は「本物」だけが通用する!教室で日々格闘する教師が今まで考えもしなかったことをイメージし博識を手に入れるための「授業」と「子供」のプロフェッショナルな専門家へとステップアップするパスポート! あけましておめでとうから!
12/24【週末にお家で受講】 算数障害の正しい理解と指導 熊谷恵子先生(筑波大学人間系):大阪医科薬科大学LDセンター主催オンライン特別支援講演会
12/10【週末にお家で受講】 ソーシャルスキル指導の基礎 西岡有香先生(大阪医科薬科大学LDセンター):大阪医科薬科大学LDセンター主催オンライン特別支援講演会
1/10【神奈川LD協会 オンライン講座】発達障害への対応 -“親”子支援の重要性-
2/6心理職のための多職種協働の心得:発達障害児支援をめぐる心理職と医師との対話【金子総合研究所オンラインセミナー】

発達障害のセミナー・研究会・勉強会を別の地域から探す

SENSEI ノート