運営会社のISO27001(ISMS)認証取得のお知らせ
終了

12/27(月)【中学・高校教員6名様・無料】ホロコースト史を教材にした人権・平和教育ワークショップ

開催日時 20:00 22:00
定員6名
会費0円
場所 東京都品川区上大崎3-14-58 クリエイト目黒103

このイベントは終了しました

 気になるリストに追加
2人が気になるリストに追加
12/27(月)【中学・高校教員6名様・無料】ホロコースト史を教材にした人権・平和教育ワークショップ

第二次世界大戦時のホロコースト史を教材にしたワークショップを体験してみませんか。

NPO法人ホロコースト教育資料センター(Kokoro)では、全国の学校や大学、自治体、地域グループなどからご依頼をいただき、これまで1,200回を超える授業やワークショップを実施してきました。

ホロコーストとは、第二次世界大戦時にナチ・ドイツおよびその占領下のヨーロッパで起きた迫害・虐殺。約600万人のユダヤ人が殺されました。ほかにも障害者、同性愛者、ロマなどの人々も犠牲となりました。この歴史は、すべての人々に差別や偏見、憎しみの恐ろしさについて警鐘を鳴らしているとして、国連は加盟国に対して教育の場で取り上げようと呼びかけています。特に、持続可能な開発目標(SDGs)の目標4「質の高い教育をみんなに」の達成のために、ユネスコがホロコーストを教材にした人権教育、シティズンシップ教育を推進しています。

ただ犠牲者を追悼するのではなく、加害者を糾弾するのでもなく、なぜ起きたのかを考え、人間を問う学習を体験してみませんか。

高校の教員6名様を無料でご招待します。

▼こんな方におすすめです
・ホロコースト史の概要を知りたい
・アクティブラーニングに興味がある
・問いづくり(QFT)に興味がある

【開催日時】
2021年12月27日(月)20:00~22:00

【会場】
オンライン(zoomを使います)

【参加費】
無料 

【対象】
中学・高校教員、先着6名様

【内容】
〇問いづくりワークショップ
〇ビデオ上映
〇質疑応答

このワークショップは、「問いづくり」を取り入れて実施します。教える側からの「発問」ではなく、学習者が「質問」を作りだすことで主体的な学びに繋げます。一人ひとりの発想を尊重し、民主的な学習の場をつくります。

※「問いづくり」(Question Formulation Technique、QFT)とは
アメリカの市民運動から生まれた教育手法で、問いをつくる・分類する・変換する・選ぶというシンプルな作業を通して、「発散思考」「収束思考」「メタ認知思考」を育むことを目的としています。あらゆる人々が民主的な意思決定に参加できる仕組みづくりにも繋がります。ハーバード教育大学院でコースが提供されており、マイクロソフトやグーグルなどの企業でもこのメソッドが採用されています。日本では、NPO 法人ハテナソン共創ラボがファシリテーター養成講座を開催しています。参考図書 : 「たった一つを変えるだけ~クラスも教師も自立する『質問づくり』」(新評論刊)

【講師】
NPO法人ホロコースト教育資料センター代表 石岡史子

【申込方法】
参加申込は下記のホームページで受け付けています
https://kokoro20211227.peatix.com/

 気になるリストに追加
2人が気になるリストに追加

イベントを探す

関連する人気のセミナー・研究会・勉強会

2/19【大阪】土日2日間で資格取得「2級心理カウンセラー養成講座」教育現場のコミュニケーションを変える!!
2/28ファシリテーションをはじめよう~オンライン・アイスブレイク 1000本ノック~(22/2/28)
2/11【神戸開催】特別支援教育アドバンスセミナー「クロスオーバーする授業・学校づくりを構想する-異領域の組み合わせからスクール・イノベーションへ-」令和3年度第1回 (主催:国立大学法人兵庫教育大学)
3/4第122回(オンライン)ファシリテーショングラフィック勉強会〈やってみよう!ファシグラ編〉
2/9第121回(オンライン)ファシリテーショングラフィック勉強会〈やってみよう!ファシグラ編〉

ワークショップのセミナー・研究会・勉強会を別の地域から探す

SENSEI ノート