京都大学春秋講義『海を考える』(第1回)「ジュゴン、ウミガメ、オオナマズを追いかける―希少水圏生物の保護と共存-」終了

京都大学春秋講義『海を考える』(第1回)「ジュゴン、ウミガメ、オオナマズを追いかける―希少水圏生物の保護と共存-」

京都大学春秋講義『海を考える』(第1回)「ジュゴン、ウミガメ、オオナマズを追いかける―希少水圏生物の保護と共存-」の概要

開催日時 13:00 〜 14:30
定員500(当日先着順)名
会費0円
場所 京都府京都市吉田本町 

「春秋講義」は、京都大学における学術研究活動の中で培われてきた知的資源を、広く学内外の皆様と共有することを目的に開催する公開講座です。
平成27年度 秋季講義は「海を考える」をテーマに、それぞれの分野から3名の教員が講義を行います。

第1回となる9月5日(土)は、「ジュゴン、ウミガメ、オオナマズを追いかける―希少水圏生物の保護と共存」と題し、荒井 修亮(京都大学フィールド科学教育研究センター 教授)が講演いたします。

<第1回講演>
講演タイトル:ジュゴン、ウミガメ、オオナマズを追いかける―希少水圏生物の保護と共存
講師    :荒井 修亮(京都大学フィールド科学教育研究センター 教授)
講義概要  :海の生物を直接観察することは大変難しいことです。しかし、近年、小型の発信機や記録計による研究が可能となってきました。この研究手法を「バイオロギング」と言い...

全ての閲覧・申込には会員登録が必要です

3万人の方が利用する国内最大の教員向けイベントまとめ

カンタン30秒で簡単登録
SENSEI NOTE

その他京都府の大学のセミナー・研究会・勉強会

大学のセミナー・研究会・勉強会を別の地域から探す

京都府のセミナー・研究会・勉強会を人気のワードから探す