大学の活きた資産で未来である学生の可能性は無限大を束ねる/母校沈没を回避するために私たちは何をしたらいいのか 高等教育問題研究会FMICS2016年12月例会プロデュース終了

大学の活きた資産で未来である学生の可能性は無限大を束ねる/母校沈没を回避するために私たちは何をしたらいいのか 高等教育問題研究会FMICS2016年12月例会プロデュースの概要

開催日時 18:30 〜 21:00
定員30名
会費会員 1000円 非会員2000円 学生500円 円
場所 東京都渋谷区千駄ヶ谷1-1-12 桜美林大学桜美林大学四谷キャンパス(千駄ヶ谷)

プログラム
 大学の活きた資産で未来である学生の可能性は無限大
     母校沈没を回避するために私たちは何をしたらいいのか

■学生は、大学の主役で、活きた資産で、未来であり、その可能性は無限大であることを確認し、母校沈没を回避するために、私たちは学生とともに何をしたらいいのかをアクティブに考えます。
■話題提供は、桜美林大学桜美林大学大学アドミニストレーション研究科教授高橋真義と文教大学生活科学研究所研究員・一般社団法人大学自慢代表理事米田敬子さん、桜美林大学リベラルアーツ学群2年・「OBIRIN SYUREN(桜美林修練)」部長玉田侑也さんです。
■このたび、高橋は、学部の学生たちを元気元気元気にする「まほうの言葉」を束ねた小冊子『まほうの言葉15』を上梓しました。
■桜美林大学に今年4月に誕生した学生たちがプロデュースする「授業なサークル」である「OBIRIN ...

全ての閲覧・申込には会員登録が必要です

3万人の方が利用する国内最大の教員向けイベントまとめ

カンタン30秒で簡単登録
SENSEI NOTE

その他東京都の大学のセミナー・研究会・勉強会

大学のセミナー・研究会・勉強会を別の地域から探す

東京都のセミナー・研究会・勉強会を人気のワードから探す