不登校ー親が変われば解決するのか〜「親が変われば子どもも変わる」ってホント? 家族心理学からみた問題解決への新たなアプローチ終了

このイベントは終了しました

 気になるリストに追加
4人が気になるリストに追加
不登校ー親が変われば解決するのか〜「親が変われば子どもも変わる」ってホント? 家族心理学からみた問題解決への新たなアプローチ

不登校ー親が変われば解決するのか〜「親が変われば子どもも変わる」ってホント? 家族心理学からみた問題解決への新たなアプローチの概要

開催日時 13:00 〜 17:00
定員160名
会費1000円
場所 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-25-2 SYDビル2階ホール

【第1部】講演「不登校ー親が変われば解決するのか」
     講師:喜多見学(立正大学心理臨床センター助教)
◉不登校やカウンセリング関係の本を読んでいると、「親が変われば子どもも変わる」といった言葉によく出合います。でも、「それってホント?」と思ったことはありませんか。見方を変えると、「子どもが変わらないのは親のせい」と言われているような気がしないでもありません。ただ、家庭内の小さな変化が状況を大きく変えるケースがあるのも事実です。
◉講師の喜多見さんはブリーフセラピー(短期療法)の専門家です。ブリーフセラピーとは、原因探し(例:性格が弱いからダメなんだ)や犯人探し(例:親の育て方が悪かった)をするのではなく、問題解決を第一に考えようとする心理療法です。その手法のなかから手軽にできる方法を紹介し、家庭内に小さな変化を起こすことで子どもがどう変わっていくのか、そのために親はどう変わればよいのかについて、事例を交えながらお話ししていただきます。

【第2部】不登校なんでも相談室 part6〜父親の対応から進路問題まで
     回答者:後藤弘美(家族・子育て相談室「ゆずり葉」代表)
         喜多見学(立正大学心理臨床センター助教)
         小栗貴弘(作新学院大学女子短期大学部准教授)
         荒井裕司(登進研代表)
◉これまでアンケートや質問紙などで参加者から寄せられた疑問・質問に4人の講師が回答。「親と話をしない男の子への対応」「内部進学を希望している中高一貫校の中3男子」「父親としての対応の仕方がわからない」「ひきこもっている子に第三者を介入させるには」「見守ると放置の違いは?」など、多くの親御さんや先生方が直面しがちな問題を取り上げます。

【第3部】個別相談会(心と進路の相談)/20名様限定/事前のご予約が必要になります。

【お申し込み方法】本サイトからお申し込みになるか、下記の事務局へ電話、FAX、メール、または登進研ホームページのお申し込みフォームにてお申し込みください。※恐縮ですが、夏季休業中(8月11〜20日)は、お電話による申込みはお受けできません。

【個別相談をご希望の方】「個別相談希望」とご記入のうえ、ご氏名・ご住所・電話番号・お子さんの学年(または年齢)と性別・ご相談内容(不登校が始まった時期、現在の状況等を400字以内で)をお書きいただき、9月20日(水)までに郵送、FAX、メール、登進研ホームページのお申し込フォームにてお申し込みください。

【お問い合わせ先】「登校拒否の子どもたちの進路を考える研究会」(略称:登進研)事務局
〒151-0053 東京都渋谷区代々木 1-43-8
Tel.03-3370-4078  Fax. 03-3370-5198
ホームページ:http://www.to-shin-ken.net/
eメール:info@to-shin-ken.net

 

 気になるリストに追加
4人が気になるリストに追加
SENSEI NOTE

その他東京都の不登校のセミナー・研究会・勉強会

不登校のセミナー・研究会・勉強会を別の地域から探す

東京都のセミナー・研究会・勉強会を人気のワードから探す