英語教育パラダイムチェンジシリーズ(1) 英母語を獲得・教授に必須の宏量子処理能力とは?終了

このイベントは終了しました

 気になるリストに追加
1人が気になるリストに追加
英語教育パラダイムチェンジシリーズ(1) 英母語を獲得・教授に必須の宏量子処理能力とは?

英語教育パラダイムチェンジシリーズ(1) 英母語を獲得・教授に必須の宏量子処理能力とは?の概要

開催日時 15:00 〜 17:00
定員3名
会費8000円
場所 東京都港区南青山2-2-15 ウィン青山1024号室

 理論言語学・諸方法論を背景とする英語教育法に、認知科学、脳科学、人工知能、ロボット、ビッグデータ、インターネット技術、アクティブラーニング、批判的思考、早期教育などの道具を加えても、なぜ、なかなかオーラル英語教育は推進できないのでしょうか?

 言語事実の予測・説明の広がりに効くパラダイムを目指す独立研究者李祁(リキ)は長年の研究により、【人間の身体には量子処理能力が有り、この能力は言語獲得に欠かせない】という仮説を立てました。そして、オーラル言語教育・学習の実践に照らし合わせて検証し、宏量子理論・方法論を樹立しました。

 今回、8回シリーズの英語教育パラダイムチェンジセミナーを通じて、英語教育・習得に必須となる英語の宏量子理論・方法論のオーラル英語事実を予測する有効性、妥当性と説明の広がりの簡単性、一致性などを、少人数で分かりやすく、ご参加の皆さんと検証・共有していきたいと思います。

 宏量子理論・方法論を深く理解していただくために、全シリーズのご参加をお勧めしますが、各セミナーはそれぞれ相対的に独立した視座でオーラル英語獲得の本質に迫りますので、関心のあるテーマを選んでご参加いただいても結構です。

英語教育パラダイムチェンジシリーズ(1) 英母語を獲得・教授に必須の宏量子処理能力とは?

内容:
□なぜ学校に行かなくてもオーラル母語を獲得できるのか?
□英母語の獲得に必須となる人間の宏量子処理能力の開発と利用
□直観力vs. 数理力の統合で英語母語を再現するシミュレーション
□質疑応答

2回目以降のセミナー内容は以下を予定しております。

英語教育パラダイムチェンジシリーズ(2) 言語の宏量子要素の発見 (2018年1月27日)
英語教育パラダイムチェンジシリーズ(3) 生成文法・認知言語学・言語脳科学 vs. 宏量子理論(2018年2月10日)
英語教育パラダイムチェンジシリーズ(4) 日本語の宏量子性vs.英語の宏量子性 (2018年2月24日)
英語教育パラダイムチェンジシリーズ(5)  国際音声記号IPA vs. 宏量子音声記号RPA(2018年3月10日)
英語教育パラダイムチェンジシリーズ(6)  なぜ宏量子理論の視座で考えると、人間言語の発達には臨界期がないのか? (2018年3月24日)
英語教育パラダイムチェンジシリーズ(7)  人間の宏量子処理能力と言語の起源 (2018年4月7日)
英語教育パラダイムチェンジシリーズ(8)  英語教育パラダイムチェンジシリーズ(8)  なぜオーラル言語の解明に量子論を参考しなければならないのか? (2018年4月21日)

 気になるリストに追加
1人が気になるリストに追加
SENSEI NOTE

その他東京都の英語のセミナー・研究会・勉強会

英語のセミナー・研究会・勉強会を別の地域から探す

東京都のセミナー・研究会・勉強会を人気のワードから探す