1/27(水)国連制定ホロコースト国際デー2021 in 東京「南アフリカのホロコースト教育~『シンドラーのリスト』生還者二世の挑戦」

開催日時 19:30 21:30
定員200名
会費0円
場所 東京都品川区上大崎3-14-58 クリエイト目黒103
1/27(水)国連制定ホロコースト国際デー2021 in 東京「南アフリカのホロコースト教育~『シンドラーのリスト』生還者二世の挑戦」

1月27日は、国連が定めた「ホロコースト犠牲者を想起する国際デー」です。これはアウシュヴィッツ強制収容所が解放された日にあたります。第二次大戦時にヨーロッパで起きた虐殺 – ホロコーストのなかで、約600万人のユダヤ人と、他にも、障害者や同性愛者などの人々も犠牲になりました。

​国連は、国や民族の違いを超えて、この歴史を教育の場で取り上げることを加盟国によびかけています(2005 年国連総会決議)。そして毎年1/27には、NYの国連本部などで教育事業が行われています。東京でも毎年この時期に歴史を学び考えるイベントを開催しています。第7回目の今年は、南アフリカより、ヨハネスブルク・ホロコースト・ジェノサイドセンターのタリ・ネイツ館長にご講演いただきます。

ネイツさんは、ポーランド出身の父と叔父がオスカー・シンドラーに助けらたという「ホロコースト生還者二世」でもあります。

南アフリカでの取り組みについてお聞きしながら、人間の差別や偏見に向き合い、人権を尊ぶ心を育む教育について考えてみませんか。

【開催日時】
2021年1月27日 (水) 19:30-21:30

【プログラム】
●来賓挨拶
イスラエル大使
ドイツ連邦共和国大使
ポーランド共和国大使

●ゲスト講演
タリ・ネイツ、ヨハネスブルクホロコーストジェノサイドセンター館長

【申込方法】
参加申込は下記のホームページで受け付けています
https://kokoro20210127.peatix.com/
お申し込みいただいた方に、前日に参加URLをお届けします。このオンラインイベントは「Zoomウェビナー」を使用します。事前にZoomアプリのインストールをお願いします。

【主催・問合せ先】
NPO法人ホロコースト教育資料センター
info@npokokoro.com

イベントを探す

歴史のセミナー・研究会・勉強会を別の地域から探す

SENSEI ノート