運営会社のISO27001(ISMS)認証取得のお知らせ
終了

【神奈川LD協会 オンライン講座】感覚統合の視点から学ぶ 発達障害のある子どもの理解 松本政悦先生(よこはま港南地域療育センター 作業療法士)

開催日時 21:00 23:00
定員100名
会費3,000~4,000円
場所 オンライン 

このイベントは終了しました

 気になるリストに追加
1人が気になるリストに追加
【神奈川LD協会 オンライン講座】感覚統合の視点から学ぶ 発達障害のある子どもの理解 松本政悦先生(よこはま港南地域療育センター 作業療法士)

第4回 感覚統合とコミュニケーション
コトバを話せず他者とのやりとりが難しい、重度の遅れがある子どもとのコミュニケーションについて考えます。このような子どもと関わる場合、さまざまな「感覚を通したやりとり」が有効と考えられます。
※単発参加可能です。

お申込み・詳細はこちらから
http://www.246.ne.jp/~kanald/online.html

[講師からのメッセージ]
姿勢が崩れやすい、ペンやハサミなど道具の操作が下手、体育が苦手など、姿勢・運動・操作の面で困難さを抱えているお子さんがいます。このような子どもたちは、がんばっているのになぜかうまくできない、という経験から自信をなくしやすく、課題に取り組む意欲をなくしてしまうこともあります。

この講座では、子どもたちの苦手さの原因を感覚統合の視点から考察し、支援の方法を検討していきます。全6回で構成されており、それぞれの回は子どもの苦手さで分けられています。受講を希望する講座を単発で参加しても内容が理解できるように構成していく予定です。

また、気になる子どもの特徴や、理解したい行動の原因などについて、事前に質問ボックスからお送りいただければ、それらにお答えする内容を盛り込みたいと考えています。

質問ボックスへの投稿は、各回の講座で取り上げます。
皆さんからのご質問をお待ちしています!

【松本政悦先生のプロフィール】
宮城県仙台市生まれ。東北大学大学院工学研究科修了。国立仙台病院附属リハビリテーション学院卒業。なぜか幼児期から運動や楽器演奏が苦手。大学は自宅から歩いて通える工学部に進学したが、(今考えてみると)周囲には発達障害圏の学生が多かった。学生ボランティアで自閉症の子どもたちと関わり、思いがけず楽しい経験(自分の中の自閉症的な部分が共鳴?)。その後電機メーカーに就職し4年間研究開発に携わるも、機械相手の仕事に満足できず退職。作業療法士が障害のある子どもに関わる場面をたまたま目にして衝撃を受け、養成校に入り直す。以後20年以上、障害のある子どもたちに関わり続け現在に至る。

 気になるリストに追加
1人が気になるリストに追加

イベントを探す

大学のセミナー・研究会・勉強会を別の地域から探す

SENSEI ノート